トルコ旅行(5泊6日)でかかった費用公開。個人手配したホテル・日本語ガイドツアー代はいくら?

トルコ旅行でかかった費用公開
トルコ旅行でかかった費用公開

2018年5月にトルコ旅行(5泊6日)に行ってきました。おしゃキミ(@Osha_Kimi)です。

今回のトルコ旅行は事前にホテル・ツアーなどを予約。すべて個人手配でそろえたおかげでイスタンブールとカッパドキアをゆっくり・たっぷりと満喫することができ最高の思い出になりました。

個人でトルコ旅行の手配をして、どれくらいの費用がかかったかここで公開しておきます。ぜひ参考にしてください。

バックパック的な費用を抑えて~って内容ではないです。そこんとこよろしく!

関連記事:トルコ旅行に必要な持ち物と電圧・コンセントなど事前に知りたい情報まとめ

かかった旅費は25万円弱

内容金額(円)
①航空券往復 (※訳アリ)
 ※国際線:成田-イスタンブール139,795
 ※国内線:イスタンブールーネブシェヒル6725
②宿泊費 計4泊
 イスタンブール2泊16,000
 カッパドキア2泊23,000
③ツアー料金
 イスタンブール観光日本語ガイド(120ユーロ)15,600
 気球ツアー(111ユーロ)14,300
 カッパドキア観光日本語ガイド(93ユーロ)12,090
④現金(行動費)15,000
 合計242,510

※1ユーロ=130円換算

ひとり総額25万円で割と贅沢にトルコを満喫することができます。

費用の細かい内訳

費用約25万円、細かく内訳を見ていきます。

①航空券 146,520円(参考)

後で書きますが、私の場合は訳ありで航空券0円でトルコに行くことができました。

特殊な例では全く参考にならないと思うので、ターキッシュエアラインズのサイトで同じ時期のフライト額を調べました。

※時期によって金額は変動します

国際線往復 TRY5,591.80

内容(エコノミー)金額(リラ)
国際線:成田-イスタンブール
 大人1名3994.84
 税金と手数料249.31
 燃油サーチャージ1347.65
 チケット発券手数料0.00
 合計5,591.80

国内線往復TRY268.98

内容(エコノミー)金額(リラ)
国内線:イスタンブールーネブシェヒル
 大人1名177.60
 税金と手数料25.40
 燃油サーチャージ55.98
 チケット発券手数料10.00
 合計268.98

1リラ=25円換算で日本円にすると…

国際線が139,795円、国内線が6725円。すべて合わせて往復約146,520円です。

ハイシーズンを避ければ航空会社で直接買っても15万くらいで航空券を手配できることがわかります。

公式サイトの情報を引用しましたが、航空券予約サイト経由で購入すれば、セールや割引でさらに安く購入できる可能性があります。

航空券は早く買うほうがお得です。お得な航空券をゲットするために早めにチェックしておきましょう!

私は運よく0円で行けた

「航空券0円でどうやって海外に行くねん!」

ってツッコミが聞こえてきました。が、実際に行けたんです。

信じてくれよぉお”ぉ”ぉ”ぉ”!!!

ネタバラしすると、実は旅工房さんとターキッシュエアラインズさんのツイッターキャンペーンに当選して航空券がタダだったというオチなんですけどね。

Twitterキャンペーンで「海外航空券」が当たった!初めての大物当選に運命を感じた話
ツイッターで行われていた旅工房さんのフォロー&リツイートキャンペーンで「海外航空券」が当たりました。初めての大物当選です。当たった瞬間は心臓が止まるかと思いました。Twitter懸賞あなどってはいけません、当たるときはホントに当たるんです。リツイートで海外旅行ってめっちゃ夢がありますよね!

こんな幸運に出会ったことがないので、いまでも信じられませんが国際線そして国内線まで全部無料でした。

旅行好きの方はこちらのアカウント「旅行会社 旅工房【公式】 (@tabikobo )」をフォローしておくと最新の旅情報やキャンペーン情報をゲットできますよ!

②宿泊費 四泊39,000円

今のレートだとトルコのホテルは割安。1泊3,000~5,000円の部屋がゴロゴロあります。

しかも日本の旅館のような「ひとりにつき宿泊料ウンゼン円」ではなくて「1部屋ウンゼン円」という感じなので二人旅なら割り勘でもっと安いわけです。神。

私も比較的安価なホテルに泊まる手も考えましたが、なにせ今回の旅行は航空券代がかからない!!

ということでホテルは奮発しようと決め、1日あたり1万円くらいまで幅を広げてホテルを選びました。

とにかく出費を抑えたい・ホテルにお金をかけたくない人はランクを下げれば、最初の表の金額から軽く25,000円くらいは浮かせることができますよ!

ホテル アルカディア ブルー(イスタンブール)

イスタンブールのおすすめホテル「ホテルアルカディアブルー」アヤソフィアとブルーモスクを一緒に見ることができるホテルのレストラン
ホテルのレストランから見えるアヤソフィア

まずイスタンブールで宿泊したのは「ホテルアルカディアブルー」

モスク2つを同時に見ることができるレストランが有名です。また観光拠点としての立地もとても良く、スルタンアフメット駅まで徒歩2~3分ほどの場所にあります。

「ホテル アルカディア ブルー」部屋からブルーモスクとマルマラ海が見えて最高でした【イスタンブール宿泊記】
トルコの大都市イスタンブールで宿泊するホテルに迷ったらここがおすすめ「ホテル アルカディア ブルー(Hotel Arcadia Blue)」4つ星ホテルで朝食を食べるレストランからは、ブルーモスクとアヤソフィアそしてマルマラ海を一望できます。イスタンブール歴史地域の中にあるので観光地にも歩いていける距離の好立地。私が実際にコーナーデラックスルームに宿泊してきたのでレポも合わせて参考にしてください!

ミスラ ケーブ ホテル(カッパドキア)

カッパドキアの洞窟ホテル「ミスラケーブホテル」フェアリーチムニースイートの部屋の中
カッパドキア洞窟ホテル

カッパドキアのギョレメで宿泊したのは、本物の洞窟を利用した部屋がある「ミスラケーブホテル(Mithra Cave Hotel)」

レストランや共同テラスから、ギョレメの街並み・ローズバレーをバックにゆっくりと飛行する気球を眺めることができます。

特に共同テラスから見える景色が美しく、撮影スポットとしても人気が高いホテルです。

「ミスラケーブホテル」で洞窟にお泊り!気球が見えるテラスが素敵すぎて大興奮【カッパドキア宿泊記】
カッパドキアのギョレメにある「ミスラケーブホテル(mithra cave hotel)」の宿泊レポです。本物の洞窟ルームがあることとテラスから見える景色がステキだったので宿泊することにしました。実際に泊まってみた感想とフェアリーチムニールームの中の様子やホテルの雰囲気を撮ってきた写真と合わせて紹介します。ちょっとリッチですが記念の旅行にぴったりなのでカッパドキアおすすめのホテルです。

③ツアー料金 約41,990円

私自身、初めてのトルコで知識が豊富なわけでもなんでもないので日本語が堪能な現地ガイドさんとともに観光地を巡るツアーを利用しました。

限られた時間の中で効率よく観光することができた! 頼んでおいて本当によかった。

イスタンブールのツアー

ブルーモスク横の広場
ツアー中に行ったブルーモスク

イスタンブール旧市街地のモスク・観光地巡りとクルーズ、昼食をすべて含めて624リラくらいだったかな。

イスタンブール 格安現地ツアー
イスタンブール現地ツアーガイドのサイト|格安イスタンブールツアーはたった130€でいかがでしょうか【プライベートツアー】!トルコ旅行ならご相談ください!イスタンブール専門ツアーガイド。|TORUKONORYOKO|

日本語が堪能なイルケルさんという方のツアーです。

格安なのに柔軟に対応してくれるのでおすすめ!トリップアドバイザーの評価と口コミ内容を読めばすばらしさが伝わるかと!

LINEなどで連絡もできるので後から写真を送ってくれたり、本当によくしてくださいました。

旅行記はこちら:イスタンブール旧市街の名所を徒歩観光&ボスポラス海クルーズ【トルコ旅行記・2日目】

カッパドキアのツアー

ベルトラを利用してバルーンツアーとカッパドキア観光日本語ガイドツアーを予約しました。

バルーンツアーはこちら「世界遺産カッパドキア 熱気球 朝日鑑賞ツアー 軽食&シャンパン付き<ホテル送迎付き/カッパドキア発>」を予約。

もとは152ユーロだったものが、当時はキャンペーン割引で111ユーロ(日本円で14,300円)というかなりの安さになっていました。

現地でもここまで安いものはないんじゃ…?怖いくらい安い…

熱気球で空へ。カッパドキアで念願のバルーンツアーに参加【トルコ旅行記・4日目気球編】
トルコカッパドキアといえば「熱気球ツアー」ってことで気球で空を飛んできました!ツアーの感想をたくさんの写真と合わせて書き残します。ぜひトルコ旅行の参考にしてください。墜落事故など不安もありましたが当日は天候にも恵まれ無事気球に乗ることができました。大空から見るカッパドキアの大地はとても美しく思い出に残る体験になりました。カッパドキアに行くなら体験してほしいおすすめアクティビティです!

そして観光ツアーは「世界遺産カッパドキア 1日観光 プライベートツアー<昼食付き/日本語/カッパドキア発>」を予約。

完全プライベートかつ日本語ガイドなのに一人あたり93ユーロ(日本円で12,500円)でした。

ベルトラはネットだと「高い」と言われていますが、私が予約したツアー自体は満足いくものだったしセール割引もありお得にツアーを組めたので後悔はないです。

\今、人気のツアーをすぐにチェック!/

④現金(行動費) 約15,000円

トルコのグランドバザール
グランドバザール周辺

移動費、食事代、お土産代もろもろ含めてこれくらいしか使いませんでした。

終日ツアーに昼食代が含まれていたことと、歩き回って疲れてたため夜ご飯をほぼ食べなかった(これが一番大きい)のが行動費がかからなかった理由です。

お土産をたくさん買う人、ディナーをしっかり楽しむ人はもっと出費があると思うよ!

と言っても、トルコはもともと物価がそれほど高くなくペットボトルのお水が1リラで買えるし、路面電車は1回の乗車で4リラしかかかりません。

加えて今のトルコリラ円レート、トルコ絨毯をキャッシュで買う予定でもなければ、現金はそれほど必要ないと思う!

まとめ:リラが安くて助かった!

私の場合、運よく航空券が0円で済んだので総額95,990円でトルコを満喫することができました。神。

それに航空券代を足して考えても総額25万円で割と贅沢にイスタンブールとカッパドキアを巡ることができます。

ホテル代やガイドツアー代を削れば、20万以下でいけるんじゃないかな。

個人手配だと削るところは削るってことができるし、団体ツアーとは違う贅沢さ自由さがあります。

日数的には短いですがプライベートでがっつり楽しめた感が最高でした。

トルコリラのレートが10年前(1リラ50円)と比べるとかなり安くなっている(1リラ25円)なので、ほんと旅行するにはいい時期です!

トルコ旅行に必要な持ち物と電圧・コンセントなど事前に知りたい情報まとめ
トルコ旅行に必要な持ち物や持っていった方がいいアイテムをまとめています。またトルコの電圧と電源プラグ、日本の家電製品が使えるのか?などの疑問にお答えしているので、実際に5月にイスタンブールとカッパドキアを個人手配で旅してきた私の旅行記と一緒にぜひ参考にしてください。

旅行記はこちら:成田からイスタンブール移動。ターキッシュエアラインズの直航便で「アタテュルク空港」へ【トルコ旅行記・1日目】

コメント

タイトルとURLをコピーしました