ねぇ知ってる?「話の”タネ”と”ネタ”」どっちが正しい?意外と知らない言葉のルーツ

doyouknow

今回のテーマ「話の”タネ”と”ネタ”」

「あれどっちだっけ」・・・と一瞬悩んだ方も多いのでは?

かくいう私のその一人。ちょっと文章を書いているときに話の「タネ」と自然に書いたのですが、

ふと・・・あれ?ネタだっけ?タネだっけ?ネタ?タネ?ネタ?タネ?ネタ?タネ?ネタ?タネ?ダネ?ダネダネダネダネダネダネダネダネダネェェェェエェ

とまるでフシギダネに進化してしまいそうになったのです。

というわけで今回は「話の”タネ”と”ネタ”」について知らべてみました。

話の『タネ』と『ネタ』どっちが正しい?意外と知らない言葉のルーツ

話のネタは業界用語!?

 

ジャーマネーちょっとスーシー買ってきて~  

訳:「マネージャー、ちょっと寿司買ってきて」

 

このように単語を逆さ読み(正しくは倒語)したものを俗に業界用語なんて言いますよね。

実はこの倒語、ウィキペディアによると江戸時代に流行したもの

(知らなかったの私だけじゃないよ…ね?)

私はてっきりバブル時代に流行ったものだと思ってました。とんねるずの石橋さんが良く使っているジーイメ(イメージ)

だらしないが倒語って知ってました?

 

いぬ
いぬ

おしゃキミってさ~いつもだらしないよね~

日常的に使用しているこの”だらしない”という単語、これももとを辿れば倒語なんです。

もともとは”しだらない”(自堕落などが語源といわれている)という単語がが現在のだらしないを意味していました。

この”しだらない”が江戸時代の逆さ言葉の影響で”だらしない”に変化していき、後世にそのまま残ったといわれています。

逆さ読みをした形の語が、正式な語として定着した言葉もいくつかあるようです。

「話のタネ・ネタ」に戻すと「話の種(タネ)」もともとの使い方で、それを逆さ読みした「話のネタ」という言葉が生まれたと見て良さそう。
ねた-goo辞書

ただし「タネ・ネタ」はどちらもよく使われている印象。

逆さ読みだけが定着してしまった「だらしない・しだらない」とはまた違いますよね。いったいどういうことなんでしょうか?

倒語、そして二重語化

話を戻しまして、ネタとタネの話になるのですが倒語が正式に定着したわけではなく二重語化してしまったという説が濃厚です。

二重語(にじゅうご; 英語: doublet)とは、ひとつの言語の中で、共通の語源たるひとつの単語に由来しながら、それぞれに異なる語形をとり、異なる意味や機能のもとに併用されている、2つの語をいう。姉妹語ともいう。

引用元:Wikipedia

したがって「話のタネ」「話のネタ」どちらを使っても間違いではありません。

世間的一般的な意味合い、ニュアンスを分けるとすれば以下のようになります。

タネ=話のタネ、特ダネ、種明かし、話題になるもの
ネタ=話のネタ、ガセネタ、など嘘の表記にも使用される、マスコミ関係の隠語ともいわれる

結論:どっちもあり!

ありふれた結果ですが、話の「タネ・ネタ」どちらを使用しても問題なし!

しいていうなら世間的には「ネタ」の方が下世話な話やお笑い話のような印象でしょうか。

言葉は常に変化していくといいますが、語源がわからないものもたくさんあるようです。

そういえば昨年、twitterや若い人たちの間で

おこ→激おこ→激おこぷんぷん丸→ムカ着火ファイアー→カム着火インフェルノォォォオオオウ→げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム

なんて流行りましたが、これ未来の人に解読できるのでしょうか?(笑)

以上、ねぇ知ってる?「話の”タネ”と”ネタ”」どっちが正しい?意外と知らない言葉のルーツでした!

手紙や封筒の「行」をオシャレに「御中」に書き換える方法!すぐ使いたくなること間違いなし!
返信ハガキや封筒の宛先敬称が「行」を「御中」に書き換えるオシャレな方法を紹介します。二重線で取り消し個人宛であれば「様」、企業や事務所宛であれば「御中」と書き添えるのが一般的なマナーですが、ワンポイント工夫するだけでちょっと目を引く粋な返信ハガキの出来上がり!
【Twitter小技】いいねの代わりに『自分宛にDMを送る』とめっちゃ便利
Twitterの「いいね」よりおすすめな機能「DMで共有」について送り方や便利な使い方を紹介します。「いいね」は順番に並ばなかったり、TLに晒される可能性があるのに対し、ダイレクトメッセージを自分のアカウント宛に送るこの方法は「ツイートした人」に通知もされないので、安心して使うことができます。メモ代わりに使うこともできるのでぜひ活用してみてください。
【就活恐怖体験】iPhoneからGmailを送信したら送信者の名前が変わっていて大ピンチ!
就活や日常生活でGmailを使用しているそこのあなた。iPhoneの設定、本当に大丈夫? Googleアカウントの名前設定はちゃんとしているのに、iPhoneからGmailでメールを送ると送信者の名前が変わってしまう。そんな現象が起こりうるんです。 今回は友人M子の恐怖体験をもとに解決方法を紹介していきたいと思います。

コメント

  1. 面白いブログの記事に「面白いネタですね」とコメントしたらブログ主さんからの返事が「ネタではありません。本当のことです。心外です><」でした。
    そのブログ主は「ネタ=面白おかしい捏造」という認識のようでした。
    ネタ=話題のつもりで使ったと説明しても受け入れてもらえず、話が合わないのでそのブログ主とは疎遠になりました。
    時代や地域や環境でも意味が違ってしまう。
    言葉って面白い反面、怖いと思いました。
    あと、寿司ネタもタネの逆さ読みみたいですね。たまにどっちだったかか悩みます。

    • ムインさんコメントありがとうございます!
      「ネタ=面白おかしい捏造」という認識の方もいらっしゃるとは…、考えもしていませんでした…。言葉の意味の認識違いに加え、文字だけのやり取りだと細かなニュアンスも伝わりづらかったのかもしれませんね。
      逆さ読みでもいいものと悪いもの、これも悩みのタネですね… 言葉って難しいです!