クリスマスの三連休に稲川淳二の怪談ナイトに行くことになりました

稲川淳二のナイトツアーに参加することになった話

ほんとうにありがとうございました(完)

いや…あの…(完)じゃないんですよ!!! 世の中はクリスマスシーズン突入。光るイルミネーション、どこからともなく現れるツリー、蔓延るプレゼント商法!!

私も誰かにプレゼント買いたい。『これがいいかな? いやこっちがいいかも…』とかいいながら誰かに似合うプレゼントとか選びたい。

んでもって、当日にはイルミネーションが綺麗なスポットに行っちゃったりしてさ…

私だってクリスマスをクリスマスらしく満喫したい!

なんてったって今年は12月23・24・25日…聖なる三連休ですよ!!!!????

「それなのになんで私は稲川淳二の怪談ナイトツアーに行くことになってんの!??!?!?!」

クリスマスの三連休に稲川淳二の怪談ナイトに行くことなった話

事の発端はこれ!!! すべてはこのLINEから始まった…

稲川淳二ナイトツアーに行くことになった話

そうだよ!!【友人M子の就活恐怖体験】iPhoneからGmail送信。送信者の名前設定、ちゃんと確認してる?…このM子が送ってきたLINEだよ!再登場だよ!!ふざけんなよ、まったく!!

M子からのLINE…この時点で何も疑わずに「いいけど」などと返事をしてしまった私もいけないのだけれど。でもだって…

「クリスマスシーズンに千葉のあそこっていったらやっぱりディ、ディズニー…」

そんな可愛らしいことを想像していた私に突きつけられたのが現実がこれ↓

LINE 面白い話

「・・・・・・(突きつけられた現実に声も出ない)」

LINE 面白い話

「・・・・・・(英語が苦手なのでMYSTE…くらいで読むのをあきらめる)」

クリスマス 稲川淳二のナイトツアー

稲川淳二の怪談ナイト~真冬のライブツアー

「ちょっと待って。全力で待って。行きたくないよ。でも当日 暇なのはバレているよ、四面楚歌だよ…」

怖い話に耐性があるわけでもないし、稲川淳二が特段好きなわけでもないので、全力で行きたくない。えっ、クリスマス三連休初日に怪談話聞きたくなくない!??!?!?!

ここから必死に断るための攻防が繰り広げられることとなる。

稲川淳二ダイスキM子とクリスマスボッチ役満オタクおしゃキミの戦いが…始まるッ!!!

LINE 面白い話

「稲川淳二に誓うなwww」

「去年も行けなかったんだよ!?」

「私の夢こわすの!?」

「なんなの!?」

(え、なんで私が責められているの? なんなの!?はこちらのセリフでは?)

去年行けなかったってことは毎年やってんのかよこのツアー…。いや、もう逆になにやってんのか、どんな人が行くのか気になってきたけど!!!

稲川淳二が「ヤダナーヤダナー!コワイナーコワイナー!」をホントに言ってんのか知りたくなってきたけど!!!

でも行きたくない!怖いのはイヤ!

LINE 面白い話

やり口が完全に悪徳商売のソレだからね。騙そうという悪意を感じるよね、ほんと。
クリスマスに稲川淳二のナイトツアー行こうって普通に誘われてたら確実に断ってるからね!

LINE 面白い話

「オンレイwww満員怨霊、ちょいちょいネタを挟むなwww」

(というか稲川淳二の怪談ナイトの人気やばない? 人気の高さが恐怖だわ…)

LINE 面白い話

「アーティストのライブかよwww」

もうこの時点で、M子の熱意に負けてしまいました。

ということで、結局 根負けしてチケットを購入。不本意ながら、というかほぼ騙された形ですが、友人M子の熱意に負けたということにして稲川淳二の怪談ナイトに行くことになりました(完)

「ヤダナーヤダナーコワイナーコワイナー」

こうなったらどんな内容だったか絶対にブログのネタにしてやろうという気しか起きないんですけど、稲川淳二さんの怪談ってどれくらい怖いんでしょうか。怖いの得意ではないので今から心配だよ…。

はぁ…絶望のクリスマス三連休初日になりそうだけれど、どんな結果になろうとも行くと決めたからには頑張って楽しんできたいと思いますよ!

さようなら、私の輝かしいクリスマス三連休

※まぁその時点ではとくに予定がなかったので感謝してます。ありがとうM子。ありがとう稲川淳二…。

おまけネタ

「クリスマスシーズンに千葉のあそこって言われたら、ディズニーランドなんだよ…私の中では!!!」

「お前恋人いねぇだろ、あそこは性なるカップルが行くとこなんだよ」

「ぐぬぬ…」

LINE 面白い話

以上、クリスマスの三連休に稲川淳二のナイトツアーに行くことになりました、でした。