映画「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」感想。笑えるスプラッター映画でやばい!

タッカーとデイル映画おすすめ

Amazonプライムビデオで無料配信されていた「タッカーとデイル史上最悪にツイてないヤツら」観ました。

この邦題なんだか「クソB級映画感がすごいわ〜」なんてちょっとバカにしてたんですが…。ごめんなさい!

めちゃくちゃ笑いました!!!

「笑えるスプラッター映画ってなんだよ!」ってツッコミたくなった人にこそ見て欲しい映画ですこれ!

ジャンルとしてはスプラッター映画なんだけどざっくり言っちゃうと「殺人鬼と勘違いされて逆に襲われる中年のおじさん2人のあたふたコメディ」

確かにそこそこグロいんだけど、とにかく笑えるホラーコメディだからグロ耐性あるならぜひ観て欲しい!

ウォーキング・デッドを見れる人ならいけるレベルのグロ度だよ

関連記事:映画「エスター」感想。主演子役の怪演がやばい! ラストまで見逃せないサスペンスホラー!!

映画「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」感想。笑えるスプラッター映画でやばい!

あらすじの時点で笑えるストーリー

暇だったのでAmazonプライム会員の特権「プライムビデオ」で無料で観れる映画を探していたら、こんなあらすじの映画を見つけちゃいました。

親友同士のタッカーとデイルは、コツコツためたお金で買った夢の別荘で休暇を過ごそうとしていた。しかしそこはいわくつきのキャンプ地。

キャンプに来た大学生たちに山に潜む「殺人鬼」だと勘違いされてしまう
パニックに陥る大学生たち、誤解が誤解を生み、続々と死人が!

タッカーとデイルを殺人鬼だと勘違いしたままの大学生たちが襲いかかってくる!

つまり「殺人鬼だと勘違いされたおじさん2人 vs ウェイ系大学生 in いわくつきのキャンプ地!」って感じの映画。

あらすじの時点で「ハチャメチャクソ映画そう〜」なんてちょっと小バカにしながら評価をみたらびっくり。

タッカーとデイルのレビューと評価

レビュー数と星の数がすごい。

星4.6でレビューが80以上、アマプラではかなり高評価だと言っていい数字です。

というわけで早速、手のひらクルリンパして「タッカーとデイル史上最悪にツイてないヤツら」を鑑賞することに!

中年おじさんタッカーとデイルを襲う勘違いの連鎖!

主役のタッカーとデイルは殺人鬼でもなんでもなく、最初から最後までただのおじさん

湖で釣りしたり別荘の山小屋を修理したり休暇を満喫してるだけ。

めっちゃ仲良しでむしろ可愛いおっさんに見えてくる

なのに、タッカーとデイルの風貌がいかつくて怪しいから、たまたまキャンプにやってきた大学生たちに勝手に殺人鬼だと勘違いされる。

まぁたしかに「大鎌持って女子大生に声をかけに行くデイル」は不審者感がすぎるよね。

映画タッカーとデイルの感想

なぜ鎌持ってった(笑)

勘違いされた状況とはつゆ知らず、タッカーとデイルは池で溺れてしまった女子大生(アリソン)を助けて山小屋に連れて行っちゃうもんだから、さぁ大変!

ここからの怒涛の勢いで続く勘違いの連鎖が面白い

タッカーとデイルのことを殺人鬼だと思い込んでいる大学生たちは、連れ去られた(と思い込んでいる)アリソンを助けに2人の別荘(山小屋)に。

奇襲を仕掛けるが…その流れで大学生たちがどんどん死んでいく

この時、タッカーとデイル、そして助けたアリソンは山小屋の中で仲良くボードゲームやっているだけだったり、簡易トイレ用に穴を掘っていたりするだけ。

なのに突然大学生たちが目の前で死に始めるからビビるタッカーとデイル。

勘違いに巻き込まれて不憫すぎるおじさん

くだらなさ満点の悲劇的喜劇

ありえそうでありえない勘違いが招く”死”とさらに生まれる”勘違いの連鎖”が映画を面白いポイント。

いや、大学生たちが死んで行く流れはくだらなさ満点だからぜひ見て笑って欲しい

だって一人目に犠牲になった大学生は、よそ見して走ったら木の棒に突き刺さって死んでますからね(ただの前方不注意)。

大学生が木に刺さって死ぬ映画

もうね「あんたらバカか!」ってツッコまずにはいられない。

最悪の悲劇の連続だけど喜劇になってるんですよ、最高の矛盾。

で、スプラッターシーン以外は何もないのかっていうとまた違って、タッカーとデイルの友情も素敵というか愛らしいし、

おデブでコンプレックスの多いデイルの恋模様もストーリーに組み込まれていてくだらない中にも意外と見所があって最後まで楽しめました!

最終的にデイルにとってはハッピーエンド? だったのでよかった。(タッカーは散々な目にあっただけ)

最初の期待値のハードルが低かったのもあって、後になって伏線が回収される流れに素直に「やるやん!」と思わされたよね。

超個人的評価

スプラッター度★★★★☆
ホラー度☆☆☆☆☆
グロ度★★★★☆
笑える度★★★★★
オススメ度★★★☆☆

ホラー的な「怖さ」はないに等しいですが、どんどこ人が死ぬグロさがあるのでおすすめ度は星3つ! 俗に言う観る人を選ぶ作品ですね。

血がブッシャーって感じの表現がダメな人は見ないでください! グロが大丈夫かつくだらないコメディで笑える人なら一見の価値ありです、大笑いできます!

気の合う友達と一緒に観ると盛り上がるはず!

以上、映画「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」感想。笑えるスプラッター映画でやばい!おすすめホラーコメディ!でした。

ホラー・サスペンス系おすすめ映画

映画「エスター」感想。主演子役の怪演がやばい! ラストまで見逃せないサスペンスホラー!!
主演子役の怪演がやばい!ラストの展開まで絶対に見逃せないそんなホラー映画を紹介します。おすすめホラー映画「エスター」の感想です。美少女エスターちゃんを養子として迎え入れた家族の「普通」がどんどん壊されて行く「この娘、どこか変だ。」どころの騒ぎじゃないです、エスターほんとに怖い娘ですよ!!
映画「ドント・ブリーズ」感想! 最強で最恐の盲目爺さんとリアル鬼ごっことか怖すぎ
SNSで話題になった米ホラー映画「ドント・ブリーズ」を日本公開初日に観てきた感想です。泥棒に入った家で逆に仕打ちに合う緊張感のあるサイコホラー映画で、面白かったので紹介します!怖いもの見たさで気になってる方がいたらぜひチャレンジしてください。