12月1日、雨。すごくださいローファーを履く

ローファー

2014年も残すところあと1か月、12月1日。月の初め朝から雨でテンションは上がらず。今日の私の足元はいつもに増してださい。

 
面白いくらいださい。
 

黒いパンツにグレーの靴下に黒のローファー(ちなみに高校時代に履いていたもの)。おしゃれアイテムとしてローファーを取り入れたわけではない。

 
そのままだとダサすぎたのでちょっと色味をいじればアッという間に女子力高い系女子がinstagramに写真UPする写真風に。

 
なんでこんなローファー履いてたのかっていうと、雨ですよ雨。雨の中ヒールを履きたくないでしょう?それとレインブーツとかいうおしゃれアイテムを買っていなかったのが原因。

 
たまに「あ、足首こんにちはしてるけど大丈夫?その丈じゃ、中に水入るでしょ」って丈のレインブーツ履いている人見かけるけど、あれはレインブーツの機能性は無視しておしゃれだけを追求しているのだろうか。私にはレインブーツのおしゃれさはわからんのです。

 
まぁつまりはローファー以外どうでもいい靴がなかったのです!あとは超カジュアルな靴(スニーカーともいう)しか持ってないからね。

 
そんなださいださいローファーを履きながら雨に濡れながら満員電車で押しつぶされながら通勤する私。なんてえらいんでしょう。自分で自分をほめてあげたい。
 

でもみんなそうやって生活しているんだよな~。遅刻しまいと満員電車に無理やり乗り込んでくる老若男女。まったく毎日毎日雨でも雪でも仕事場へ向かう働きマンには敬意を表さずにはいられない。

 
男女平等だのなんだの言われてはいるけど、いまだに男の人が大黒柱で家族を養う前提の社会だし。結婚して子供が出来たら定年まで約40年間働いて養わなきゃならんのだよ?信じられる?私には無理だよ!やっぱ世の中の親父さんはすごい。家族のために家事をこなすお母さんもすごい。

 
そんな中、だっさいだっさいローファーを履いている私。ありのままの姿見せすぎだよね。ちょっとは余所行きの姿を見せる努力しないと本気でまずい。いろいろとまずい。

 
自分のゆるさというか、女子力の無さというか見た目にセンスのなさというかすべてに乾杯。