すぐ使いたくなる!手紙や封筒の「行」をオシャレに「御中」に書き換える方法【おしゃれ小技】

封筒ビジネスマナー行を御中に書き換え

返信ハガキや封筒の宛先敬称が「行」になっていた場合、あなたはどうしますか?

きっと「行」を二重線で取り消し、個人宛であれば「様」、企業や事務所宛であれば「御中」と書き換える。

これが一般的なマナーとされています。

が、そんな普通の書き方じゃ、面白くないですねぇ!!

今回は”オシャレで粋な「御中」の書き方”を教えちゃいます!!

手紙や封筒の「行」を消してオシャレに「御中」に書き換える方法【おしゃれ小技】

▼ 一般的な書き換え方法
封筒の行を消して、御中に書き換えるビジネスマナー

上のイラストのように宛先、返信先が会社や事務所、団体だった場合は「御中」に書き換えるべき、というのがビジネスマナーとして広く浸透しています。

「行」を二重線で取り消し、横に「御中」を書き添える

これが普通の書き換え方法ですよね。私も長いこと、この方法を使っていたのですが…

先日、面白くておしゃれな書き換えをしているハガキを見つけてしまったんです。

▼「行」をオシャレに「御中」に書き換えるワンポイントテクはこれ!
行を御中に書き換えるスマートな方法

二重線で消すのではなく、「行」をそのまま利用して「御中」に上書きしてしまうんです。赤線が書き足した部分です。

▼ 実際に「行」を「御中」に上書きしてみた
行 御中 書き換える方法

どうでしょう。すごくおしゃれに見えませんか?

二重線がないのでスッキリして見え、オシャレな雰囲気になっていますよね。

この方法を使ったハガキを初めて見たとき「なんて粋な書き方だろう!」と一人で感動していました。

知っているだけで、すぐに使いたくなること間違いなし! 私も超お気に入りで使いまくっちゃってます!

ちょっとしたことですが、受け取った人の目にも留まりやすいポイントなのでオシャレだといい印象を与えることができますよね!

「二重線はやめて、上書きでオシャレに書き換えちゃおう!」

以上、すぐ使いたくなる! 手紙や封筒の「行」を消してオシャレに「御中」に書き換える方法【おしゃれ小技】でした。

こんな記事もおすすめです

ねぇ知ってる?「話の”タネ”と”ネタ”」どっちが正しい?意外と知らない言葉のルーツ
【友人M子の就活恐怖体験】iPhoneからGmail送信。送信者の名前設定、ちゃんと確認してる?
【Twitter小技】いいねの代わりに『自分宛にDMを送る』とめっちゃ便利