一風変わった方法で手紙や封筒の「行」を「御中」に書き換えてみる

封筒ビジネスマナー行を御中に書き換え

返信ハガキや封筒の宛先敬称が「行」になっていたとき、ビジネスマナーでは「行」を二重線で取り消し、個人宛であれば「様」、企業や事務所宛であれば「御中」と書き換えると教わりましたよね?

これが一般的なマナーとされていますが…。 

そんな普通の書き方じゃ面白くないですねぇ!!

というわけで今回は一風変わった「御中」の書き変え方を紹介します!!

あくまで面白ネタですので、ビジネス文書など畏まった書類の送付時には非推奨です。

手紙や封筒の「行」を「御中」に書き換える方法【面白ネタ枠】

▼ 一般的な書き換え方法
封筒の行を消して、御中に書き換えるビジネスマナー

上のように「宛先・返信先が会社や事務所、団体だった場合は「御中」に書き換えるべき」というマナーが広く浸透しています。

「行」を二重線で取り消し、横に「御中」を書き添える

これが一般的な書き換え方法ですよね。私も長いこと、この方法を使っていたのですが…

先日、面白い書き換えをしているハガキを見つけてしまったんです。

▼「行」を面白く「御中」に書き換える
行を御中に書き換えるスマートな方法

二重線で消すのではなく、「行」をそのまま利用して「御中」に上書きしてしまうんです。赤線が書き足した部分です。

▼ 実際に「行」を「御中」に上書きしてみた
行 御中 書き換える方法

どうでしょう。初めて見た時はとてもびっくりしたのですが、すごく面白くないですか?

この方法を使った返信ハガキを初めて見たとき「なんて面白い書き方だろう!」と一人で感動していました。

知っているだけで、すぐに使いたくなること間違いなし!私もお気に入りで懸賞ハガキなどで利用しています。

目にも留まりやすいポイントですし、もしかしたらなにか印象を与えることができるかもしれません!

以上、 一風変わった方法で手紙や封筒の「行」を「御中」に書き換えてみるでした。

コメント

  1. おしゃれどころか超非常識とされている行為ですね。

    • 匿名様
      コメントありがとうございます。

      >おしゃれどころか超非常識とされている行為ですね。

      こちらマナー記事ではなく一風変わった面白ネタとして書いています。ビジネス利用非推奨の注意書きや全体のニュアンスでその辺汲み取っていただければと思います。

    • そうは思わぬ。

タイトルとURLをコピーしました