ラブライブ2期 第11話「私たちが決めたこと」 感想

夕日

強敵ライバルに勝利し、キャッチコピー「みんなで叶える物語」も決定。残すところはラブライブ本戦のみとなったμ’s。

ラブライブ本戦が迫ることはつまり3年生の引退が近づいていることを指していて・・・。

 

という事で11話の感想をまとめたいと思います。

私たちが決めたこと

これからのこと、μ’sのこと

ラブライブ本戦まで残すところあと一ヶ月、μ’sメンバーの頭をよぎるのは「3年生が卒業する」という避けようのない事実。

9人でその話題に触れたとき、希が話を茶化そうとする姿がすごく切なく感じました。希の中ではスクールアイドルグループμ’sという居場所を最後まで楽しい場所にしたいという想いが出ているようで・・・希らしいシーンなんですけどね。

 
3年生が卒業してしまったあと、μ’sはどうするのか。
 

ラブライブ!本戦が終わるまで卒業の話題にはしないように。そういう約束だったのですが、アリサと雪穂が音ノ木坂学院の受験に合格したことによって、μ’sの今後を意識せざるおえない状況になってしまいます。

そんな状況での練習中、またμ’sの今後の話になってしまい・・・「3年生が抜けてもμ’s続けなさいよ!」というにこ。アイドルは卒業・加入を繰り返してもグループ名は変わらないのだからと。

もちろん他のメンバーも理屈はわかっているんですが、なかなか踏ん切りはつかない。

 
結局その場を収めたのは絵里の言葉「μ’sをどうするか、どうしていくかは卒業する私たちが口出しをすべきことじゃないと思ってる。決めるのは穂乃花たち。

 

ふむ、絵里から1、2年生への課題とでも言いましょうか。分かってはいましたが・・・いよいよこれからのこと、μ’sのことを考えなければいけない時期になってしまったんですね~。

アリサが好きなμ’sとは

音ノ木坂学院に合格したアリサと雪穂。UTX入学を考えていた雪穂が音ノ木坂に入学って感慨深いですね。「廃校」を阻止するために生まれたμ’sのおかげでそれなりの人気が出たんですかね~。ちなみに合格者をざっくり数えたら150人くらいいそう!いいことだ!

 

入学が決まったことで憧れのμ’sに加入するチャンスが生まれたアリサはもうμ’sに入る気マンマン。穂乃果に向かって「ちょっといいですか? μ’s ミュージックスタート!」なんて言っちゃって。

 

穂乃果たちがμ’sの今後について悩んでいるときにアリサのこの無邪気さが辛い。

穂乃果もなんて答えたらいいか分からず困ってしまうわけです。

 
そんな二人の様子を見ている雪穂。雪穂は前々からμ’s加入を目指すアリサと穂乃果を見て何か思うことがありそうな雰囲気をだしていましたよね。
穂乃果が去ってアリサと二人きりになったとき、雪穂がアリサに尋ねます。「μ’sのどこが好き?どこが一番好きなところ?」

 

翌朝、高坂家の前で穂乃果に声をかける雪穂とアリサ
ちょっとだけいいですか?と言って穂乃果を引き留めたアリサ、そのアリサから口から思わぬ言葉が飛び出ます。

「私、μ’sに入らないことにしました。」

えっ!?一体どういうこと…?

絢瀬アリサ

「私が大好きなμ’sに私はいない」

自分たちでハラショーなスクールアイドルになってやる!ってことみたいです。
このシーンで一番印象に残っているセリフはこれですね。

切ないな~このセリフとこの表情・・・
あんなにμ’sに憧れてたアリサが言うからこそこのセリフが重いんですよね。

 

アリ雪

雪穂とアリサは夜、神田明神でどんな話をしたのでしょうか。もしかしたらμ’sを応援する絵馬を見たのかもしれません。みんなが応援しているμ’sは、みんなが好きなμ’sはあの9人でしかないんだって気づいたとき、どんな気持ちだったのでしょうか。考えるとちょっと切ないですね。

自分が憧れていた、なりたかった存在「μ’s」にアリサはどうやってもなれないということを自覚しなくちゃいけない。これって結構辛いことだと思います。先にこのことに気が付いていた雪穂、それをアリサに伝えるのも大変なことだったろうし・・・。

まぁでも前向きにハラショーなスクールアイドルを目指すって言ってたし頑張って欲しいよ!

 

このアリサと雪穂の言葉で穂乃果の中でもある決断がついたみたい。ここでAパート終了!はぁ・・・なんか胸がキュ~ッと・・・

 

この9人がμ’sだから

Bパート、「よーし遊ぶぞー」ラブライブ本戦と3年生の卒業を前にせっかくだからと全員で丸一日遊びに行くことに!

ミューズ

みんながいきたいところに全部行こう!ってことで動物園や花やしき美術館、ボーリングに行ったりボートに乗ったり、アイドルショップにμ’sのグッズの多さに驚いたり、ゲーセンにいって矢澤が勝利したり、1期のシーンを思わせる描写も。

 

最後に穂乃果の行きたいところ「海に行きたい!今から!」ってことで電車でガタゴト。

 

海辺ではしゃぐ9人。

 

沈みゆく夕日を眺めながら手を握って一列に並ぶシーンは1期10話の海岸のシーンを思い起こさせました。

そこで1、2年生6人は涙をこらえながら絵里の「決めるのは穂乃花たち」に対して答えを出します。

 
 

「大会が終わったらμ’sをおしまいにします!」

 
 

穂乃果、ことり、海未、花陽、凛、真姫がそれぞれこれからのこと、μ’sのことを考えて決めたこと。「3年生が卒業したらμ’sをおしまいにする」これこそが今回のタイトル「私たちが決めたこと」。

 

真姫ちゃんが穂乃果に向けた「心の準備できてる?」というセリフで、なんとなく私も覚悟を決めながら見ていたのですが・・・


1期10話、登る朝日と共にスタートしたμ’s

朝日

 

夕日の中「μ’sをおしまいにします!」と叫ぶシーンはグッときました
夕日

 

真姫ちゃんのセリフもよかったですね「μ’sは私たちだけのものにしたい。にこちゃんたちのいないμ’sは嫌なの、私が嫌なの!」

そうなんだよね、絵里・希・にこがいないμ’sなんてμ’sじゃないよ!!!!
それにしたって真姫ちゃん、正直になりましたよね。1期の10話までの真姫ちゃんからは想像もできないですよ!こんなに熱くて青春っぽい事を言うなんて!(きっとどころか超青春が聞こえる)

 

駅でプリクラ改め、証明写真機で全員の記念写真を撮る穂乃花たち。でも結局どうしようもなくなって駅で全員大泣き。
卒業の話題が出てからも「μ’sを続けること」を主張してきたにこが一番最後に人一倍大泣きするところもグッとこみあげてくるものが・・・。

矢澤にこ泣顔

 

まとめ

出会いがあれば別れがあり、始まりがあればおしまいがある。
μ’s Music Start!の掛け声から始まったμ’sにもいずれおしまいが訪れる。

そのわかりきった事から目を背けるのではなく、μ’sらしくまっすぐに受け止めるために必要な回だったと思います。

 

そして今回ほどEDの「どんなときもずっと」染みる回はなかったですね~。

 

呆然としてしまって次回予告見逃したくらいですから(笑)
私自身、ラブライブ!の今後の展開を色々と考える回になりました。

まず大きな決定事項としてラブライブ本戦後、3年生が卒業したあと残る6人は「μ’sをおしまいにする」ことが決定。これについてですが、個人的な展開予測としてはアリサと雪穂の加入は避けられないと思っていましたし、実際アリサも加入したがっていたのでその進め方で間違いないと思っていました。

 

でもアリサが言ったとおり私の好きなμ’sにアリサと雪穂はいないんです。(もちろんラブライブ!というアニメには必要不可欠な存在ですよ。)

 

μ’sは9人じゃなきゃ!!!

 

これって1期から散々言ってきたことなんですよね。すごく単純だったんです。穂乃果がμ’sをやめそうになった時だってことりちゃんが留学しそうになった時だって「μ’sはこの9人じゃなきゃ」こういって頑張ってきたんです。

 

アイドルは卒業・脱退・世代交代が当たり前。でもμ’sは、穂乃果、ことり、海未、花陽、凛、真姫、にこ、絵里、希の9人なんです。

μ’sと名付けた希が「ウチがどんな想いで見てきたか、名前をつけたか、9人しかいないんよ、ウチにとってμ’sはこの9人だけ」と涙ながらにいうシーン。2期の8話でようやく自分の気持ちをはっきり言えるようになった希がずっと胸に秘めていた想い。希はμ’sのこと好きすぎるだろ~(涙)でもやっと見つけた居場所なんだもの。思い入れもあるμ’sを世代交代して続けましょう!なんて気持ちにはなれないですよね・・・このセリフにやられましたよ、ホントに。

 
スクールアイドルって甲子園球児と似てる気がするんですよね。
限られた時間の中で、精一杯頑張って努力して目標に向かって頑張って・・・
学生のあいだだけの刹那的な輝き。素晴らしいですよね。

 

うん、11話もう一回見直そう・・・。

次回ラブライブ!「ラストライブ」

ファイトだよ!

 

ラストライブ・・・はぁ・・・ラストライブ・・・はぁ・・・

以上、ラブライブ2期 第11話「私たちが決めたこと」感想でした!

 

ここからちょっと雑談

で、ここからはラブライブ!というコンテンツの今後の展開予測です。

 

μ’sをおしまいにする宣言をしたのでラブライブ!が2期で終わり

 

かというとそうでもない気がします。

μ’sをおしまい=ラブライブ!の終了ではないと思うんです。
アニメの世界では「ラブライブ!」=スクールアイドルの大会なので、例えば他県のスクールアイドルが「ラブライブ!」出場を目指すストーリーでも「ラブライブ!」に間違いないんですよね。

アイドルマスターでは765からシンデレラガールズ等、同じ「アイドルマスター」という枠で広がりを持っていますよね。

 

そういう可能性もありえるんじゃないかな~って。
だってあくまでμ’sのおしまいが見えているのであってラブライブ!の終わりではないですからね。

 

<ラブライブ感想リンク>

  • 2期1話「もう一度ラブライブ!」 感想
  • 2期2話「優勝をめざして」 感想
  • 2期3話「ユメノトビラ」 感想
  • 2期4話「宇宙No.1アイドル」 感想
  • 2期5話「新しいわたし」 感想
  • 2期6話「ハッピーハロウィン」 感想
  • 2期7話「どうにかしなきゃ」 感想
  • 2期8話「私の望み」 感想
  • 2期9話「心のメロディ」 感想
  • 2期10話「μ’s」 感想
  • 2期11話「私たちが決めたこと」 感想
  • 2期12話「ラストライブ」 感想
  • 2期13話「叶え!みんなの夢――」 感想