あの「鹿せんべい飛ばし大会」に初参加!奈良の若草山で鹿せんべいを投げてまくって来たゾ!

鹿せんべい飛ばし大会 若草山

ふと気がつけば2017年が始まって1か月が経とうとしている。そういえば年越しカウントダウンを寝過ごしてしまったせいか、さえない日々が続いているのだ。

そうか、刺激がないのだ。過ぎていく日々に…! 圧倒的に足りていない、なにか私の心を熱く燃えさせるなにかがッ!!!

ということで、人の心を熱く燃えさせる”なにか”といえばやっぱり勝負事ではないかと思い、今年中になんらかの大会で勝ちたい(それほど有名な大会でなく参加人数が少ない穴場大会)を目標にすることにしました。どうも、おしゃキミです。

さて、今年の目標が爆誕したところで、新年1つ目の大会の選出とまいります。

「『初心者 優勝 できる 大会』で検索検索ぅ~」

『奈良県 若草山 鹿せんべい飛ばし』山焼き記念大会!!!

即採用!! ということで2017年1月28日(土)に奈良に行ってきました。大会の様子とおしゃキミの奮闘を写真とともに紹介していきますよ!

【奈良】鹿せんべい飛ばし大会に参加して優勝めざしてみたゾ!

  1. 近鉄奈良駅から若草山へ
  2. 鹿せんべい飛ばし大会の参加受付をするゾ!
  3. 鹿・鹿・鹿だらけ!シュールすぎる鹿せんべい飛ばし大会
  4. 私の奮闘結果は・・・
  5. 超個人的感想まとめ

近鉄奈良駅から若草山へ行くゾ!

予定していた新幹線に乗り遅れる、というアクシデント(寝坊ともいう)を乗り越えやってきました奈良県。修学旅行ぶりの奈良県上陸。

▼ 近鉄奈良駅までひとっ走り
奈良 若草山

京都からへ特急電車にのって30分ほど。鹿せんべい飛ばし大会の会場である若草山の最寄り駅、近鉄奈良駅へ!

▼ 本日の会場『若草山』チラみせ
奈良 若草山

近鉄奈良へ着くやいなや、右手にみえてきた若草山。とりあえず奈良公園を目指せばいいようなので、ここからバスで奈良公園へ。

ちなみに鹿せんべい飛ばし新年大会は若草山の山焼きと同じ1月の第4週の土曜日に開催されるため、道路などは少し混雑するようなので気をつけてください。

▼ 奈良公園と言えば鹿
鹿 奈良公園 鹿せんべい飛ばし大会

「鹿の真顔こわ…」

奈良公園へついたのでひとまずバスを降りるとたくさんの鹿が! しかし鹿せんべいを持っていないせいか、めちゃくちゃ冷たい目で見つめられます。

動物ってこんな冷たい目してましたっけ? え、人相、人徳の問題? ハハッ! とにかく奈良公園の鹿に歓迎されなさすぎて幸先が悪い。

▼ あ、あの鹿せんべい持ってないです…
鹿せんべい飛ばし大会

「いつでも、ただ飯食えると思うなよ(カッ)」

鹿せんべい飛ばし大会の参加受付をするゾ!

鹿の冷たい視線から逃れながら若草山の会場へ。近くにいた警備員さんに尋ねながら、とりあえず山へ続く階段をのぼっていきました。

ちなみに近鉄奈良駅に近い奈良公園側から階段を登っていくルート以外に、国宝に登録されている春日大社を通っていくルートもあるので、観光しながら向かうのもいいかもしれません!

▼ 青い空と黄金色の山と鹿
鹿せんべい飛ばし大会 若草山

しばらく登っていくと、山の斜面にそれらしき場所が見えてきました。

▼ そう、ここが奈良 若草山じゃ!
鹿せんべい飛ばし大会 奈良 若草山

いよいよ本日の目的、鹿せんべい飛ばし大会の会場『若草山』に到着。ここでも鹿が歓迎してくれます。

▼ 実は冬は閉山してるんです
鹿せんべい飛ばし大会 若草山

若草山は実は冬の期間(12月第2月曜日から3月第3金曜日まで)は閉山。なので冬の時期の若草山に入山できるのは貴重な体験!?

▼ いよいよ受付! 1枚300円ですよ
鹿せんべい飛ばし大会 若草山

奈良県の最低時給762円で換算すると1時間労働すれば2投できます(神童と呼ばれた過去がある天才なので計算が早い)。

1回の受付で購入できるのが3枚、というルールなので並びなおせば何枚でも買えるのかな? たくさん投げたい方は、奈良で日払いのバイトをしてから参加しましょう。

▼ あんなところに…
鹿せんべい飛ばし大会 若草山

「むむっ! あそこに見えるのは!!!!」

▼ 優勝者の証はこれだ!
鹿せんべい飛ばし大会 優勝

「勝者の証! 鹿のツノの…鹿のツノ、あの~あれだ、鹿のツノが付いた板」

はい、鹿の角のトロフィーです。これ板の部分に山焼きの際に行われる花火や、奈良の鹿が彫られているんですね! 俄然ほしい。

▼ サンバイザーをもらって準備は完璧!
鹿せんべい飛ばし大会 若草山

受付を終え、記念品のサンバイザーをゲットしたところでいよいよ鹿せんべいを飛ばし!

「早く飛ばして優勝、搔っ攫うゾ!」

鹿・鹿・鹿だらけ!シュールすぎる鹿せんべい飛ばし大会

▼ 若草山の斜面あふれかえる人と鹿
鹿せんべい飛ばし大会 若草山

「鹿せんべい、飛ばすがために、なぜ並ぶ」

哲学のような575ができてしまいましたが、正直このくだらないシュールな大会、好きすぎます。

見てくださいよ! この行列! みんながみんな鹿せんべいを飛ばしたくて並んでるんですよ! くぅ~このゆるさとシュールさの掛け算、しびれる!

▼ 列の最後尾から見る景色はこんな感じ
鹿せんべい飛ばし大会 若草山

「鹿せんべい飛ばし大会ってなんなんだよ」という素朴な疑問と淡々と進んでいく大会のシュールさが妙に面白くてここら辺からテンションが上がってしょうがない。

#鹿せんべい飛ばし大会 #若草山 #鹿せんべい #奈良公園

osha-kimiさん(@osha_kimi)がシェアした投稿 –

▼ 20m超えるのもなかなか難しそう
鹿せんべい飛ばし大会 若草山

先に投げている人たちの姿を見ながら、どう投げようかと脳内でイメージ練習。

鹿のいる位置を見てもらえばわかるかもしれませんが、鹿たちは20mラインの内側にいるんですね。つまり20mより手前で鹿せんべいが落ちてしまうのがほとんどなんです。

意外と飛ばないんだな~!

▼ ここで鹿たちの様子を見てみよう!
鹿せんべい飛ばし大会 コツ

▼ 誰かが鹿せんべいを投げた
鹿せんべい飛ばし大会 コツ

▼ なにかを察する鹿のまなざし
鹿せんべい飛ばし大会 奈良 若草山

▼ 何か=鹿せんべい
鹿せんべい飛ばし大会 奈良

「思った以上に、鹿の妨害がやばい」

特に小さなお子さんは低い位置から投げることになるので、フィールドにたくさんいる鹿の体にあたってしまったり。記録が伸び悩む原因にもなります。

▼ 他の鹿を尻目に…
鹿せんべい飛ばし大会

「一匹狼ならぬ一頭鹿。せんべいに興味を示さないその姿勢と、冷たいまなざしがイケてる」

落ちた鹿せんべいに群がる鹿たちを尻目に、クールな視線をレンズに向けるお前に惚れちまったよ…(たぶん、間髪入れずに投げられる鹿せんべいで満腹なだけ)。

自分の順番を待つ間、他の参加者のフォームをみて脳内練習したり、鹿を観察したりするので退屈しないのがいいですよね!

▼ 鹿がせんべいを食べてくれたほうが得なことも!
鹿せんべい飛ばし大会
時折、妨害してくる鹿なのですが、奈良若草山 鹿せんべい飛ばし大会ルール第七項には「もし鹿がせんべいを食べてしまった場合、鹿の右前足まで、測定します」という特殊なルールがあるので…

20mラインぎりぎりに鹿せんべいが落ちたときは、鹿が群がるのを待ってから計測することも! 食べた鹿がラインを超えればOK!

昨今、地方に蔓延るゆるキャラ以上にゆるい大会で笑う。

私の奮闘結果は・・・

▼ 投げる前はこんな感じ
鹿せんべい飛ばし大会 奈良 若草山

いよいよやってきた私の番が近づく(写真は他の参加者)。私が投げるところも撮りたかったのですが、ゆっくり写真を撮っている暇はなかったのが残念!

ついに私の番。持っていたチケットと鹿せんべいと交換して、荷物を置く。

横にいる鹿のコスプレをしたおじさんが何か声をかけてきたがよく覚えていない。鹿せんべいを投げることだけに集中…。

「いざ勝負!」

一投目…ファール!! まさかの場外(笑) 体の角度と鹿せんべいを離すタイミングが早すぎたことが原因。即座に脳内イメージでフォームを修正する。

そして二投目…ファール!!! まさかの2連続!!! 脳内イメージで修正できてねぇ!!!!! いい距離は出てるんだけどね!!!!!

そしてラスト、三投目!

思い返せ! 大会の存在を知ったときの感動!!!

思い返せ! 数日間にわたって行った脳内イメージ練習!!!

思い返せ! 自分のツイート!!!

「いのちをぉぉぉぉ燃やせぇぇぇえぇぇぇぇぇぇえええ~飛べぇぇぇえぇぇぇぇぇ!!!!」


 
……
 
………

超個人的感想まとめ

▼ よく頑張りましたで賞
鹿せんべい飛ばし大会 奈良 若草山

「燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな・・・」

気になる記録は…

記録『祝!20m超え』

ふぅ…とりあえず数字の記録として残る入賞ラインは超えました…! よかった、ほっと一息。

脳内イメージでは30mくらい飛ぶ予定だったんですけどね~、うまく気流に乗らなかった感じですね。

上手な方の鹿せんべいの軌道はふわっと空気に乗るような感じ。そしてスゥーっと伸びやかに飛んでいくんですよ。私の鹿せんべいにはそれが足りなかった。

▼ 入賞商品はこちら
鹿せんべい飛ばし大会 奈良 若草山

どこにでも売ってそうなストラップ! でも大会に参加してよかったです。結構 楽しかった~!

でももうちょっと記録が伸びたら最高だったのに…! ちなみに優勝は54mくらいだったかな?

妙な悔しさが残ってしまった…次こそは30mは超えたい…!

上手な人の投げ方を見たところコツは”腕だけじゃなく体ごとひねって投げる(腰あたり)”、”目線の斜め上向きに投げる”、”力みすぎない”ですかね。フリスビーで練習とかもいいかもしれません。

えびせんべいとか練習には使えるかも!?

▼ おまけ:山焼きも迫力満点
若草山 山焼き

鹿せんべい飛ばし大会を終えたあとは山焼き! 写真の青い丸の部分に人がいるのが見えますかね!? 人がいるんです、炎の大きさがすごいです。これが山の斜面一面に広がっているので迫力満点!!

山焼き前には、豪華な花火もあるし屋台も出ているので1日中楽しむことができました。冬の花火って空気が澄んでいるからか、すごくきれいなんですよね。

今年はこんな感じで観光しながらゆる~いイベントや大会に積極的に参加していきたいと思います!

「今回はあくまで前哨戦! 3月の本大会か5月か10月の大会で優勝するゾ!」

というこうで、あなたもぜひ奈良の鹿せんべい飛ばし大会に挑戦してみてはいかがでしょうか!?

以上、あの「鹿せんべい飛ばし大会」に初参加!奈良の若草山で鹿せんべいを投げてまくって来たゾ!でした。