聖蹟桜ヶ丘の「和桜」で耳すまの鍋焼きうどんを食べよう!耳をすませばの舞台巡りにぴったりのランチ処です!

聖蹟桜ヶ丘おすすめランチは和桜の鍋焼きうどん
耳すま舞台巡りシリーズ

耳をすませばの聖地「聖蹟桜ヶ丘」の街巡りをしていて感じたのは、丘の上は住宅街なのでランチできるお店がなかなか見つからないってこと。

かといって、聖地巡礼中に駅まで下るのはかなり大変!

そこで私が耳すま聖地巡りのランチにおすすめしたいのが、耳すまロータリーにある「dining 和桜(わざくら)」さん。

公式サイトや食べログを見ると夜営業とありますが、実はランチ予約すれば雫が食べていたあの鍋焼きうどんを食べることができるんです!

おしゃキミ
おしゃキミ

これが再現度が高いのなんのって! すんんんごくテンション上がるので耳すま好きには絶対食べてほしい!

というわけで実際に鍋焼きうどんを食べた感想と、撮ってきた写真を合わせて「和桜」さんを紹介します。

関連記事:耳をすませばの舞台「聖蹟桜ヶ丘」で聖地巡礼、名シーンとモデル地を実際に比較してみた!

聖蹟桜ヶ丘でランチ「和桜」で耳すまの鍋焼きうどんを食べる!

聖蹟桜ヶ丘のロータリー

聖蹟桜ヶ丘のロータリー

今回お邪魔した「和桜」さんは、耳をすませばの舞台巡りには欠かせない「耳すまロータリー」のド正面にあります。

※耳すまロータリー:地球屋があったロータリーのモデル地

聖蹟桜ヶ丘のランチが食べられるお店「和桜」

「dining 和桜(わざくら)」

こちらのガラス張りの外観が素敵なお店が「dining和桜」です!

大きな看板はありませんが目立つ場所にあるので、すぐにわかります。

ランチの鍋焼きうどんは予約が必要

聖地巡礼に夢中でランチをまだ済ませていないし、ここら辺で何か食べたいなぁと和桜さんの表に置いてあったメニューを見てみると…。

和桜のランチ、カフェメニュー

お店の外にメニューがあった

大好評「耳すまロータリードーナツ」が気になったのも束の間!

さらに気になるメニューが目に飛び込んできました!

和桜には予約制の鍋焼きうどんがある

耳すま鍋焼きうどん!?

雫が食べた鍋焼きうどん

しかも、本当は要予約だけど今日は数量限定であるよ~って書いてあるじゃない…。

運命、これは食べるしかない! ってことでお邪魔します!

通常ランチは予約制です。私の場合は運がよかっただけなので、気を付けてください。

耳すま、ジブリ愛が溢れる店内

店先で迎えてくれるのは、耳をすませばの原作本や映画コミック版、バロンたち。

奥のカウンター席にはジブリの映画パンフレットがズラリ!

店内のいたるところにジブリグッズがあって愛がすごいです。見ているだけで楽しい!

聖蹟桜ヶ丘にある和桜の店内は耳すま愛がいっぱい

お店の中にも耳すま愛がいっぱい

店内は4人テーブル3つとカウンター席が4つほどあり、15時くらいでしたが3組ほどのお客さんがいらっしゃいました。

席についてさっそく「鍋焼きうどん」を注文。

鍋焼きうどんが出来上がるのを待っている間、ご厚意で耳をすませばの映画パンフレットを読ませていただくことができました。

聖蹟桜ヶ丘の和桜では耳をすませばの映画パンフレットを読むことができる

読み込まれた映画パンフレット

和桜さんには「耳すまノート」があり、もちろんメッセージを残すことができます。

ほかにも手作りの「耳すまロケ地比較ブック」があってこれが面白かったな~。舞台巡りの参考になるのでぜひ見てほしい!

そうこうしているうちに、いよいよお待ちかねのアイツがやってきました!!

再現率100%「耳すま鍋焼きうどん」

耳をすませばに出てくる熱々の鍋焼きうどん

熱々の鍋焼きうどん

ジャーン! これが雫が食べた鍋焼きうどんだぁーーー!!

熱々の湯気、彩り豊かな具材たち…お、美味しそう!!!

店員さんがこれですね~なんて漫画版「耳をすませば」の同じシーンを見せてくださって感無量。

聖蹟桜ヶ丘で食べられる耳をすませばに出てくる鍋焼きうどん

コミック版と比較しても完全一致

見てよこれ、完全一致

映画通りのまんまる鍋敷きに取り皿とレンゲもちゃ~んとあります。

でね、この鍋焼きうどん食べてびっくり。とっても美味しいのよ!

コシと塩っけのある細目のうどんをチュルチュル。トロトロの甘いネギ、食感のいい飾り人参とだいこん。噛めば噛むほど味がでる油揚げ。春菊のアクセントが最高!

うんまい! 汁も残さず食べたい美味しさで、麺を食べ終えてもひたすらスープをすすってました!

おしゃキミ
おしゃキミ

雫はこんなにおいしいものを食べてたんだ!西おじいちゃん最強!

耳すまロータリードーナツ

おなかは満たされたけど甘いものは別腹。

耳をすませばの舞台巡りで来てるんだから、ドーナツも食べないとね!

聖蹟桜ヶ丘の和桜で食べられる耳すまドーナツ

耳すまドーナツ(紅茶味)

こちらが「耳すまロータリードーナツ」です。味は抹茶味と紅茶味の二種類。

想像していたドーナツよりスポンジ(シフォン)ケーキに近いような?

3月はロータリーの植木が枯れ葉色だから紅茶味がおすすめなんですって!

聖蹟桜ヶ丘にある冬の耳すまロータリー

冬の耳すまロータリー

たしかに似てる!

おんなじ色したロータリーをガラス越しに見ながらドーナツをぱくり。う~ん、いい時間だ~!

耳すまロータリードーナツを和桜で食べる

ふわふわで甘め

耳みすはドーナツとってもふわふわで軽い生地。口に入れると紅茶の香りがふんわり。

お味は結構甘めなのでブラックコーヒーと合わせたらもっと美味しいんじゃないかな~!

歩き疲れてちょっとひと息って時にぴったりなおやつね! ごちそうさまでした!

まとめ:耳すま好きならぜひランチ予約を!

冷静に考えて、雫が食べたあの鍋焼きうどんをほぼ同じ立地(あのロータリー)で食べれるなんてすごくないですか?

実質、月島雫になったみたいなものじゃん!

そんな素敵な体験ができるお店なので耳をすませばの舞台巡りに行く方はぜひぜひ「和桜」でランチ予約をして鍋焼きうどんを食べてみて!

再現うんぬん抜きにしても美味しいのでおすすめですよ。

 

耳をすませばの舞台「聖蹟桜ヶ丘」で聖地巡礼、名シーンとモデル地を実際に比較してみた!
ジブリ映画の名作「耳をすませば」のロケ地・舞台となった場所、東京多摩市の聖蹟桜ヶ丘で聖地巡りをしてきました。実際にモデルになった場所を映画のシーンと比較しながら紹介します。耳すまといえばここ!というシーンの元になった場所、いろは坂の長い階段や神社・耳丘、地球屋の前のロータリーなどなど実際に足を運んで取った写真と感想をまとめています。ぜひ舞台巡りコースの参考にしてください!

和桜の営業時間やアクセスについて

和桜 詳細情報
営業時間17時00分~22時00分
※ランチ予約制
アクセス①バス:聖蹟桜ヶ丘駅または永山駅から京王バス「桜92」に乗り「桜ヶ丘四丁目」降車すぐ
②徒歩:駅から20~30分
電話042-319-3936
住所東京都多摩市桜ケ丘2-2-6 〔GoogleMap
公式サイトdining 和桜
特徴ランチ予約制

コメント

タイトルとURLをコピーしました