今更だけど『glee/グリー』を観たら意外と面白くておすすめな件【海外ドラマ感想】

glee面白いドラマおすすめ

日本で話題になった当時は敬遠してたけど、いざ観てみたら数週間で全シリーズ見ちゃったランキングNo.1(当社調べ)のドラマといえば…そうです。

glee!!

1年前から観始めて、繰り返し見るほどすっかり好きになってしまいました。そんなgleeの面白さを共有したい! ってことで早速gleeについて書いていきたいと思います!

今更だけど『glee/グリー』を観たら意外と面白くておすすめな件【洋ドラマ感想】

  1. そもそもglee/グリーって?
  2. 私がglee/グリーにハマった・おすすめする理由
  3. 超個人的まとめ

そもそもgleeって?

『glee/グリー』は2009年から2015年に放映された洋TVドラマ。日本でも数年前にそれなりに話題になったので「タイトルは聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。

どんなドラマなのかざっくりいうと、高校のスクールカースト最下層にいるイケてない学生が、潰れかけのグリー部(合唱パフォーマンス)に入りgleeの大会で優勝を目指し、

それをきっかけに各キャラクターが様々な問題や困難、悩みに向かい合い、成長していく姿を描いているドラマです。

「日本でいうと『金八先生』が近いかな」

ここで金八先生と表してしまうとなんだか社会派ドラマっぽく感じてしまう人もいるかもしれませんが、ジャンルはミュージカルコメディなので身構える必要はありません!

くっついたり別れたりの恋愛要素もあって関係図はめちゃくちゃだったりね! それも面白いところです!

そうはいっても、百聞は一見に如かずなので下のCMを見てみて!

「どう? めっちゃ面白そうじゃない!?」

ちょっとでも気になったなら1話を通して見てほしいんですよ!

(AmazonプライムビデオとかHuluとか色んな動画サイトで1話は無料でみれるから…)

▶ Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

1話の最後の曲まで見てみてほしい! そこで何か感じるものがあったら絶対にハマるから!

私がgleeにハマった・おすすめする理由

1. ストーリーのテンポがいい

glee部の話なので、gleeの大会で優勝するのがシーズンを通してのメインストーリーになります。

そして各回1話ごとに恋愛、コンプレックス・個性についてなど問題や障害、テーマが盛り込まれる。

そしてそのテーマの解決や緩和をベースに話の筋に合った曲(3曲くらい有名な洋楽カバー)のパフォーマンスが入る。

といったストーリー構成になっています。

コメディ要素もあり、時折 感動要素もぶち込んでくるからずるい!

シーズン1全22話なのですが、話が間延びするなんてことはありません。とにかくテンポよく話が進んでいくので最後まで飽きませんでした。

当初は12話完結予定のドラマだったそうで。そのせいかシーズン1の前半のテンポのよさは異常レベル。

「シーズン1を土日の2日間で見終えました」

2. パフォーマンスのクオリティが高い

純粋にレベルが高い!

出演する俳優陣にはブロードウェイの舞台役者もいるし、ビヨンセのバックダンサーを務めた人もいます。

そうは言っても中には普通の俳優さんもいるので、クオリティを保つためにパフォーマンスシーンはかなり時間をかけて練習していたようです。

またドラマ内で起用されているのは最近のヒットソングから60年代の洋楽と幅広い。カバー・アレンジもかなりクオリティが高いので音楽好きならついつい見たくなります。

「一度見たらもっと見たくなるパフォーマンス!」

3. 登場人物に共感できる

きらびやかなハイスクール生活じゃなくて、どちらかというと陰キャラでスクールカースト下位に属しているタイプにスポットライトを当てているのが特徴のglee。

glee スラッシー 面白い
画像出典:glee.wikia.com/wiki/Showmance

才能はピカイチなのに輝くことができないでいるレイチェルや、好きなものはあるのに周りの評価を気にして一歩踏み出せないでいたフィンをはじめとして、

gleeに出てくる人は(生徒に限らず教師も含め)、みんな何かしらくすぶった気持ちを抱えながら生活している。いじめやからかいも当然あります。

そんな辛い状況のなか、登場人物たちが口にするが刺さるんです。

『こんなところでくすぶってないで輝きたい、なにかに秀でたい、特別な存在になりたい』

これってきっと誰もが心の奥で感じたことのある気持ちなんじゃないかな…。

実は芸能人のりゅうちぇるさんもその一人。学生時代にgleeに出会いハマって観た作品なんですって。

りゅうちぇるの芸名”ちぇる”の部分はgleeのレイチェルからもじっているとインタビューで答えていたのが記憶に新しいですね。

こんな風に人を動かす、心に刺さるシーンやセリフ、パフォーマンスがあります。これもgleeの魅力のひとつですね。

「人と違う自分に悩んだことがある人ほど、刺さるセリフが多い気がする」

4. そうは言ってもベースはコメディ! 笑えるシーンもたくさん!

回によってはシリアスなシーンもありますが、基本はコメディ。登場人物は個性的でツッコミどころあるキャラクターばかり。

私はおバカ発言連発するブリトニーが大好きですね。パフォーマンスではキレッキレのかっこいいダンスで魅せてくれるからギャップが最高!

こんな風に好きなキャラクターが出てきたらハマること間違いなしです!

そして初期のシーズンはブラックな笑いが多くストーリー展開も勢いで押すところも…。

これがテンポの良さにもつながっているのですが、反対に言えば緻密に練られたあるいは繊細な展開を求めている人には向かない理由でもありますね。

恋愛要素もあって常に付き合ったり別れたり、略奪したりしてます!

その辺は「そういうものだ」と割り切ってしまえば、気にならなかったですけどね。というか恋愛要素も面白いです。

「ブラックジョークがほんとにブラックなんだけど笑ってしまう!」

5. gleeはこんな人におすすめ

① 音楽好きな人

② ミュージカル映画が好きな人

③ 笑えるドラマが好きな人

④ テンポのよいストーリーが好きな人

「気になったらぜひ見てみて!」

超個人的まとめ

面白さ ★★★★★
音楽 ★★★★★
ストーリー ★★★☆☆
若者向け度 ★★★★☆

正直なところ、1話でテーマをまとめるストーリー展開のため深い掘り下げはありません。

でも面白いから不思議なんです!!

それにたまにすごく心に刺さる回や曲に出会うことができます。

気になったあなたはぜひ1話を見てみてください。一度、gleeのパフォーマンスを観たら最後! 絶対に続きを観たくなりますよ!

▶ Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

以上、今更だけど『glee/グリー』を観たら意外と面白くておすすめな件【海外ドラマ感想】でした。

glee(グリー)関連記事はこちら

関連:glee(グリー)のブリタナが好きすぎるのでブリタナについてひたすら書いていく【S1編】