香港の九龍城を再現したゲーセン!?ウェアハウス川崎に行ってきゾ

ウェアハウス川崎 九龍城

さぁ、ひさびさの更新になってしまいましたが…今回は香港の九龍城!…ではなく神奈川県 川崎のゲームセンター、ウェアハウス川崎に行ってきたので写真とともに紹介していきたいと思います。

まず九龍城についてはこちらをウィキペディア:九龍城砦を参照していただければ。ざっくり説明すると1993年まで香港に実在していたスラム街です。現在は取り壊されているのでその姿を見ることはできません。廃墟好きな方なら絶対に興奮すると思うのでぜひ画像検索してくれたまへ。

ウェアハウス川崎に行ってきたゾ

そしてその九龍城をモチーフに作られたのがアミューズメントパーク ウェアハウス川崎というわけです。

聞くところによると内装がとんでもないことになっているらしい。

ウェアハウス川崎 九龍城

ということでどーん!!
川崎駅から徒歩7分程度、あっという間に到着!!!

普通の街並みに汚いビルが突如として現れるので、知らない人が見たらびっくりしそうです。「あなたのウェアハウス」…錆びついているし初見では入りづらそうな外観、ですがそれでこそですよ!今回はこれを目当てで来たんですからね。

ということで、錆びついたダクトの下をくぐり、さっそく店内へ「いざゆかん!」と踏み出したところにR-18表記の看板が、つまり18歳以下は入店禁止だったようです。まぁ私には関係ないんですけれども。

ウェアハウス川崎 九龍城

あともう一点…店内はカメラ禁止、撮影禁止(下調べって大事)
うわああああああせっかく一眼を持参したのに! 禁止だなんて…蛇の生殺しかよぉおぉおぉぉぉおお。無念。

ということでここからはきちんと撮影許可を得て撮影、掲載されているサイトから画像を引用しつつ紹介していきます。

九龍城 ウェアハウス川崎 入り口
引用元:http://www.kita-colle.com/content/6839/

一番最初の自動ドアが開くと「電脳九龍城」の文字と赤い照明で照らされたもう一枚のドアがお出迎えしてくれます。この時点で雰囲気に興奮。禍々しい、禍々しいぞ!
そして真っ赤なドアが開くと・・・

なんだここは…たったいま建物の中に入ったはずなのに、今、目の前に広がっているのは路地裏だ。コンクリの地面にマンホールの蓋、トタン風の壁。

ま、まるで異次元だ…!!!

だが待ってくれ、まだ入り口なんだぜ、ここは…。
また雰囲気のあるエレベーターに乗って2Fに向かうとそこには!

巨大スラム街 九龍城 ウェアハウス川崎
引用元:http://www.kita-colle.com/content/6839/

デデン

路地裏 ウェアハウス川崎
引用元:http://dengekionline.com/elem/000/000/762/762771/

デデデン!!!!

圧巻!ゲームセンターの中に九龍城が再現されているではないか! これだよこれ! これが求めていたものですよ!
2Fの一角の内装が完全に九龍城。内装だけでなくレトロゲームもあるんだぜ!

3Fからも同じ景色を上から眺めることが出来て、部屋の中をみることもできました。細部まで凝っていて見ごたえあります。
男子トイレもすごいことになっているのでぜひ見てほしいですね。

あと驚いたのは建物自体の大きさです。九龍城をモチーフにした部分は実は意外と小スペースでその奥(ゲーセン)が大きい。これが8Fまであるようなのでかなりの大きさですね。実際のところ上階は漫喫になっていたりいろいろな施設が入っているらしいので時間があれば寄ってみるのもいいかもしれません。

九龍城 ウェアハウス川崎 出口
引用元:http://www.kita-colle.com/content/6839/

出口までしっかり雰囲気あります。ぼろぼろのチラシやネオン文字が雰囲気を醸し出しています。

駐車場からの入り口は、水の上に浮かんだ石を歩くようなイメージ。足場の石が沈んでしまうのではないかという恐怖と戦いながら渡り切りました!

まとめ

そんなこんなで行ってまいりましたウェアハウス川崎。撮影禁止だったのが非常に心残りですが、噂通り内装のクオリティが高く雰囲気があって楽しむことができました。興味がある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

以上、香港の九龍城を再現したゲーセン!?ウェアハウス川崎に行ってきゾでした。

おしゃキミが実際に行ったおすすめスポット

耳をすませばの聖地「聖蹟桜ヶ丘」に実際に行ってきた!【聖地巡礼】
クリスマスの三連休に稲川淳二の怪談ナイトに行くことになりました
【超オススメ】みさきまぐろきっぷのコスパが最強な件!マグロもレジャーも超お得!