世界遺産「シーギリヤロック」に登って絶景を見て撮ってきた!【スリランカ旅行記】

スリランカの世界遺産シーギリヤロックに行ってきたのでおすすめポイントや注意点をまとめていきます

日本でもビールのCMでシーギリヤロックが使用されるなど、なにかと話題の「スリランカ」が旅行先・観光地としてアツいんです。

そんな南アジアの島国スリランカにある世界遺産「シーギリヤロック」に実際に登って絶景を満喫してきました。どうも、おしゃキミです。

南アジア周辺国に比べ、スリランカは思った以上に観光地として発展していました。治安も悪くないですし、素敵な場所がたくさんあるので女性の旅先にもオススメです

シーギリヤロックに登る予定の人、どんなところか気になっている人はぜひ最後までご覧ください。

※ 旅行記だけ見たい場合はここをタップ!

世界遺産『シーギリヤロック』の頂上から見る360°の絶景が凄い!

旅行前の私は、スリランカが地図上のどこにあるのかわからない!よくそんな私がなぜ「スリランカ」へ行くことにしたのかというと、よく一緒に旅行する友人が「シーギリヤロックに行きたい」と言ってきたから!(単純!)

スリランカ旅行でシーギリヤロックに行くことになりました

と急遽スリランカ旅行が決定したのでした!私のスリランカ旅行記を記に入る前にとりあえず旅してきた感想を一言。

スリランカ、シーギリヤロック、行ってよかった!

シーギリヤロックってどんな世界遺産?

ざっくりいうと「樹海の中にそびえたつ、高さ200mの巨大な岩の上にある宮殿の跡」

これだけだと「えっ…何がいいの?」と思ってしまうかもしれませんが、この大きな岩の上から見る景色がとにかく絶景なんです!

シギリヤロックの上から #srilankatravel #srilanka #sigiriyarock

osha-kimiさん(@osha_kimi)がシェアした投稿 –

スリランカにある世界遺産シーギリヤロックでは360°大パノラマの絶景を堪能したり、こんなフォトジェニックな写真を撮ることができます。

そもそも、なぜ樹海の中にこんな宮殿跡があるのかというと…。5世紀後半、当時 王位争いをしていた兄弟のひとりが自らの父を殺し、王位継承したことが関係しているそう。

シーギリヤロックの歴史

王になったはいいもの、弟に報復される! という恐怖から逃げるように都を樹海の中の巨大な岩の上に移したんだって。

簡単に言えば、お家騒動。大塚家具かよ!

こうした経緯やその歴史からシーギリヤロックは「要塞都市」とも呼ばれていて、スリランカに行ったら必ず行きたい観光スポットのひとつなんです!!

さらに頂上には、ジブリ映画「天空の城ラピュタ」のような宮殿跡が残っていて、景色の美しさから「空中宮殿」と言われることも…!

おいおい、保育園児時代に何百回ラピュタ観たと思ってるんだ? こりゃ行くしかねぇゼ!

▼ スリランカはインドの下の方にある島国
スリランカの場所

さてさて今回の旅の空路ですが、成田空港から香港、そこから乗り継いで(トランジット)、スリランカのコロンボ空港というルート。搭乗時間は約9時間でした。

さらにコロンボからシーギリヤまでは車で移動すること約4時間。なので単純に考えると合計13~15時間の移動時間。

空の旅に不慣れな人間(私)には覚悟が必要…

だけれど、これもひとえに360°大パノラマ絶景のため! 意を決してスリランカにひとっ飛び!

実際にシーギリヤロックに行ってきました!

さて、ここからが旅行記の本編! じゃんじゃん写真をのっけていきます!

▼ 朝からこの日差しの強さ
シーギリヤロック 観光 スリランカ

スリランカ…太陽の光が、赤土に反射して眩しい。汗っかきな私にとってこの日差しはキツイ! すでに汗がタラタラ。

持ってきた飲み物の量が足りなかったかも…サングラスがあればよかった…と少し後悔。

乾いた暑さだから、まだ大丈夫(だけどツライ…)

▼ チケットカウンター
シーギリヤロック 入場チケット スリランカ

外国人観光客の入場料は4,500スリランカ・ルピー。そう、結構お高いんです…。

旅行ツアーで訪れている場合は、もともとのツアー料金に入場料も含まれている場合がほとんど。その場で支払いないかと!

▼ 橋を渡りいよいよ要塞都市シーギリヤロックへ
シーギリヤロック 王宮 堀

内堀に渡された橋を渡り、古都シーギリヤ跡地に入ります。ちなみに宮殿があった当時はこの堀にワニや毒蛇を配備していたそう

えっ、怖っ! ただの堀でも立派な防御策なのにどんだけ仕掛けてるのって感じですよね。古都シーギリヤが要塞都市が言われる理由が少しわかってきました。

『押すなよ!押すなよ!』鉄板ネタが通用しない場所だ…

▼ 緑溢れる庭園を進む
スリランカ シーギリヤロック 世界遺産

入ってすぐ、正面向かって右手に見えたのは発掘が進んだ庭園跡。柱跡や壁の基礎などが残っていました。本当に樹海の中に都があったんだなぁとしみじみ実感。

▼ いきなりトカゲに遭遇
シーギリヤロック イグアナ

犬はもちろんのことイグアナ? トカゲ?も普通にいます。道を歩いてます!

▼ シーギリヤロックはまだ発掘の途中
スリランカ世界遺産シーギリヤロックの庭園

一方、左手は未発掘。手付かずのままなので地面を掘り返せば宝石が散りばめられた装飾品など様々なものが出てくるらしい…!!

ここを掘ったらお宝ザクザク!?

▼ シーギリヤの水路は技術レベルが高い
スリランカ世界遺産シーギリヤロックの園庭の水路

古都シーギリヤでは水路の作りがかなり発達していて、例えば上の写真の丸いマンホールのような部分は噴水口なんですって!

水路に流れる水の水圧を使って噴き出す仕組み。機械もないのにすごいもの作るなぁ…。

庭園だけでもこの技術力、シーギリヤロックの上の宮殿はどんな造りになっていたのか、俄然興味が湧いてきます。

▼ 歩いていると目の前に現れたのは…
世界遺産シーギリヤロック

王族だけが使っていた大きなプールの跡地を見ながら古都シーギリヤの庭園を歩いていくと…

いよいよ目の前に現れました!

▼ 世界遺産シーギリヤロック!
スリランカ シーギリヤロック 観光

これが高さ約200mの巨大な岩シーギリヤロック!!

お目当の巨岩が目の前にあることに感動!! 写真で伝わりきらない迫力がッ!

逆光なのが悔しいッ!!

▼ 迫力満点でカメラに収まらない!?
シーギリヤロック ツアー 写真

近づけば近づくほど目の前がシーギリヤロックでいっぱいに。これから目の前のシーギリヤロックに登るんだと思うとワクワク!

▼ ここで記念撮影!
シーギリヤロック 写真スポット

記念撮影のセンスがなさすぎ!!なんだこの棒立ち!!!

せっかく世界遺産シーギリヤロックに来たのに!! もっと両手上げてみたり、ジャンプしたりポーズとろうよ自分!!

と反省した1枚です(笑)

こんな写真にならないためにも、記念写真を撮る前に水分補給して元気を取り戻しておくことをおすすめします。

いよいよシーギリヤロックを登る

▼ 庭園からシーギリヤロックへ
スリランカ シーギリヤロック 観光

待ってろ絶景! 登るぞシーギリヤロック!

▼ ムーンストーンでできた階段
シーギリヤロック ムーンストーン

夜、暗闇のなかでも足元が明るくなるようにシーギリヤロックの階段はムーンストーンで作られています。

▼ 2つの巨大な岩の間を通り抜ける
岩のトンネル シーギリヤロック

階段を少し登ると、2つの岩が! 岩と岩が支えあってできた隙間をくぐりながら進みます。崩れてこないか少し心配に(笑)

もちろんここも人気の記念写真スポット。岩を持ち上げるトリック写真のようなポーズをとっている人が多かったです!

▼ 岩の間を抜けるとそこは…
シーギリヤロックの階段

また階段かいッ!

写真から階段の角度の急さと絶望加減が伝わるかな? このあたりからタオルが手放せなくなります。汗ダラダラ(笑)

▼ 俺たちの戦いはこれからだッ!!
シーギリヤロックの階段

この階段を登り切れば3分の1の高さ。その先に待ち構えているのは休憩スポットと綺麗な景色なのでここは一気に登り切るッ!!!

▼ もう絶景じゃない!?
シーギリヤロックから見える景色
※画像をクリック・タップすると大きい画像で見ることができます。

この時点ですでに綺麗な景色! 空と樹海の境界線がくっきり! どこまでも続く木々と空の青さに感動…。

頂上に行けばもっと素敵な景色が見れると思うと、もうひと踏ん張りできそう!

▼ 足場を渡って先に進みます
シーギリヤロック 観光 おすすめ

綺麗な景色を見ながら一息ついたところで、次へ進みます。木の板でできた足場(不安)を渡ると分かれ道が。

1つは壁画『シーギリヤ・レディ』を見るための螺旋階段、もうひとつは『鏡の回廊(ミラーウォール)』

まずはシーギリヤ・レディへ! これがレディファーストなんつってな!

 

シーギリヤレディ・鏡の回廊

▼ シーギリヤ・レディはここ!
シーギリヤレディが見れる場所

シーギリヤ・レディは螺旋階段を登った先の岩の溝となっている部分にあります。もともとは500体ほど描かれていたのですが現在残っているのはわずか18体。

少し前までは撮影はOK(フラッシュ禁止)でしたが、2017年5月の時点では壁画の劣化を防ぐためにカメラ撮影は一切禁止になっているので気を付けましょう。

やる気のなさそうな警備員さんが見張ってました!

シギリヤレディ
画像引用元:遺跡ときどき猫

描かれた王妃たちは様々な異国の人もいたそうで、ひとりひとり肌の色や特徴が異なっていました。壁画は色もまだカラフルに残っているのがすごいですね…。

▼ 鏡の回廊(ミラーウォール)
シーギリヤロック 鏡のように光る壁

シーギリヤ・レディを見て螺旋階段を下りた後は『鏡の回廊(ミラーウォール)』へ。

ミラーウォールというだけあって、この岩の壁、作られた当時は鏡のように反射するまで磨かれていたんですって。

確かに角度を付けて壁を見てみると、若干だけど光が反射しているように見える!

昔の技術ってすごいな!

▼ こんな岩にも秘密が…!
シーギリヤロック 王宮の特徴

鏡の回廊を抜けると見えたのは、要塞都市らしい防御策のひとつ。

木の後ろに隠れてしまっていますが大きな岩の下に、縦に並べられたいくつかの小さな岩があるのがわかりますか?

▼ こんな岩にも秘密が…!
シーギリヤロック 王宮の特徴

実はこれ、『敵の侵入があったときに上から落とす防御用の岩』

下の小さな岩がストッパーになっており、それを崩すことによって地上に大岩を落とす仕組みだったんだって。

上から岩が落ちてくるとかインディージョーンズの世界かよ!

ライオンの足

▼ ライオンの足に到着!
ライオンの足 シーギリヤロック 観光

シーギリヤロックはライオンロック(lion rock)とも呼ばれているのですが、確かに中央の階段を挟むように動物の足を模した岩がありました!!

そう、これがライオンの足! 昔はライオンの足だけでなく頭部もあり、ライオンの開いた口がこの先への入口になっていたらしい。

ヒュー!ライオンの口から宮殿に入るとか超カッコイイ!!

▼ 岩肌にくっつけられた階段を登る
ライオンの足から先の階段

ここまで来て大体3分の2。残り少し一気に登り切ります! ここが最後の山場ですね。

ちなみにこのあたりの岩肌にはスズメバチの巣がいっぱい…。

▼ これ全部…
シーギリヤロック スズメバチの巣

確かにスズメバチの巣がたくさん見えたのですが、正直ここまで登ってきて汗だくなのと暑さで脳がやられていたので「ふーん…」程度にしか感じませんでした、もっと怖がれよ(笑)

怖いけど、今は暑さの方がキツくてそれどこじゃない…!

▼ ようやく階段の終わりが見えてきた!
スリランカにある世界遺産シーギリヤロック

階段を登り切れば、ほぼ頂上に到達! 絶景はもうすぐそこまで来ています! ここまでおおよそ1時間ほど。

シーギリヤロックの頂上は360°の大パノラマ

▼ 360°絶景パノラマ!
シーギリヤロックから見る絶景がまるで天空の城ラピュタの世界
※画像をクリック・タップすると大きい画像で見ることができます。

目の前に広がるこの絶景。圧巻ですよ…!

シーギリヤロックすごい! 1200段…頑張って登ってよかった…。360°大パノラマ絶景で本当に感動しました。

地上と空の境界線がくっきりと分かれていてどこまでも続いていく、こんな素敵な景色を見ることができる場所は少ないのではないでしょうか!?

▼ 空に立っているみたい
シーギリヤロック 頂上 景色

パッと撮った写真がすでに素敵! どうやって撮っても、すべてインスタにアップしたくなるからすごい!

ぷかぷかと浮かんでいる雲も可愛いし、色のバランスもいい! 超おすすめフォトスポットです!

▼ レンガの赤と木々の緑と空の青さ
シーギリヤロックの頂上には宮殿の跡が残っている

どうです? この景色、思わずカメラでパシャパシャ写真を撮りたくなりません?

写真の奥にみえる木の下がよい避暑地になっています。シーギリヤロックの上は炎天下で暑いので登る際は飲み物を多めに持っていくといいですよ!

ちなみに私は水分不足で少し頭がボーっとしていました…。

▼ まるで天空の城ラピュタの世界
シーギリヤロック 観光の仕方 おすすめ

赤土でできたレンガが積みあがっている感じとか、まんまラピュタ!! シータとパズーがラピュタに降り立ったときについた庭園のような場所が目の前に…!

結局、人がいなくなって宮殿跡になってしまったところも、まんまラピュタじゃん!!

超ラピュタの世界じゃん!! ロボット兵がいれば完璧!

▼ 歩いてきた庭園
シーギリヤロックの上から見える絶景

樹海にまっすぐ伸びている道を歩いてきたんですね。庭園が残っていたころの景色は、どんな風だったか想像してみると楽しい!

さっきまで、あそこを歩いていたんだなぁ…

▼ 階段や柱の土台がしっかり残っている
宮殿の柱や壁、階段の跡がハッキリ見える

壁の基礎がだんだんと間取り図みたいに見えてきました(笑) もしくはFFのタクティクスオウガのゲームの世界みたい。岩の上に宮殿を建てるってやっぱり正気じゃない。

▼ 宮殿の名残、プールや玉座の跡も
シーギリヤロックにはプールもあったそうだ

景色もさることながら、頂上の宮殿跡もすごい。5世紀に、岩の上に宮殿ましてやプールまで作っていたなんて想像もつかないなぁ。

玉座も残っていたのだけれど、当時の王様はどんな気持ちでここにいたんだろうね。いつきてもおかしくない弟の報復に怯えていたんだとしたら、精神的にきつそう…。

まとめ:シーギリヤロック個人的感想

カップル シーギリヤロック おすすめ

シーギリヤロックの頂上に着く頃、暑さにやられていたのであまり写真を撮れなかったことが心残りですが、その分しっかりと景色を目に焼き付けてきました。

緑と青のコントラストがすごく綺麗だったなぁ…!

絶景を満喫したところで、シーギリヤロックを下山(下岩?)。滞在時間は合計2時間くらいかな。

登りでは見かけなかったのですが、降りていった先の道ではアジアお決まりの「お土産買って~」と声をかけてくる人が寄ってきました(笑)

でもインドなどと比べると全然しつこくなかったですね、世界遺産だからそのあたりはしっかりしているのかな。

シーギリヤの歴史に触れながら絶景を堪能できるシーギリヤロック、世界遺産になっているだけありますね。汗だくになりながらも登る価値は十分にありました

岩に登るといっても階段で登りきることができるので老若男女 幅広い年代の方にオススメ!

少しでも惹かれたならスリランカの世界遺産「シーギリヤロック」を旅行先の候補に入れてみてはいかがでしょうか!

今度はGoProか、ドローンを持って行きたい!

必要・持っていた方が便利なもの、服装は?

必要なもの

① 水・飲み物
500ml以上推奨。500mlのペットボトルでは足りませんでした!
参照:【今日の4コマ】後悔、シーギリヤロックの頂上で【スリランカ旅行記】

② タオル
とにかく暑くて汗をかくので必須です。日よけにもなる大きなタオルをおすすめします。

持っていた方が便利なもの

① 日焼け止め
汗で落ちないもの、簡単に塗り直しができるタイプがおすすめです。

② 虫よけグッズ
スリランカは蚊が多いので、虫除けスプレーや虫よけパッチ、リングは持っていくと夜も安心です。

 

③ 帽子・サングラス
日差しが強いのであった方がよい

④ 海外用Wi-Fiレンタルサービス
現地でSIMを購入してもよいのですが、心配な人は海外用のWiFiをレンタルしておくことをおすすめします! ネットにつながるので撮った絶景写真をリアルタイムでアップできる!

今回は友人が空港で簡単に受取・返却できる グローバルWiFi を利用。問題もなく便利でした!

服装や靴

① 服装
基本的に半袖半ズボンのようなラフな格好でOK! 日差しが気になる場合はUVカット効果などがある薄い上着などあるとよいかも!

② 靴
履きなれたカジュアルなもの(ヒールなどは除く)。頂上まで約1200段の階段が続くのですが、そこまで足場は悪くないので登山靴までは不要です。

サンダルで登っている人もいたので、そこまで気にする必要はないです。

スマフォ・インスタ関連

スマホに付ける広角レンズとかあると絶景が魅力的に撮れるかも!

以上、実際に世界遺産「シーギリヤロック」の頂上に登って壮大な絶景を堪能してきた【スリランカ旅行記】でした。

おしゃキミのスリランカ旅行記はこちら

【今日の4コマ】後悔、シーギリヤロックの頂上で【スリランカ旅行記】
スリランカにある世界遺産「シーギリヤロック」に登ったときの感想漫画です。頂上から見る絶景が人気の観光スポットですが暑くて汗が止まりません。脱水症にならないよう飲み物は多めに持っていくことをおすすめします。また岩の上は日陰が少ないので日よけ対策も必須です。
「ミニストリーオブクラブ」の大きくて美味しい蟹が最高すぎ!コロンボで蟹を食べるなら絶対にここ【スリランカ旅行記】
スリランカ旅行記、今回はコロンボの最新観光スポット「ダッチホスピタル」の中にあるレストラン「ミニストリーオブクラブ(Ministry of Crab)」に行って蟹を食べてきた様子をご紹介します。 ミニストリーオブクラブではスリランカ産の大きな蟹を食べることができ、旅のイベントとして行っておきたいレストラン!迫力満点の蟹料理を食べてスリランカを満喫するならここがおすすめです。