福岡『太宰府天満宮』おすすめ観光コース!自然を感じながら天開稲荷社まで登ってきたゾ!

君の膵臓をたべたいのロケ地にもなった九州福岡の太宰府天満宮に行ってきました

九州福岡の太宰府にある「太宰府天満宮」は、年間約800万人の参拝者が訪れる有名な神社。最近は映画「君の膵臓がたべたい」のロケ地になったので注目度もかなり高めですよね。

太宰府天満宮の観光、参拝を考えているそこのあなた!

参道や御本殿を見て帰ろうと思っていませんか!? でもそのコース、ちょっともったいないかも!

実は御本殿の奥、裏山にある「天開稲荷社」まで巡るコースがおすすめなんです!

「山の自然を感じながら歩くと気分も晴れやかに」

私が実際に歩いた「太宰府天満宮おすすめ参拝コース」を写真とともに紹介します、ぜひ参考にしてくださいね!

福岡『太宰府天満宮』参拝するなら自然を感じながら天開稲荷社まで登ってみるコースがおすすめ!

  1. まずは太宰府駅前から続く参道で食べ歩き
  2. 太宰府天満宮 おすすめ散策コース
  3. 御本殿から天開稲荷社へ
  4. 個人的によかったコースのポイントまとめ

まずは太宰府駅前から続く参道で食べ歩き

まずは太宰府天満宮の最寄り駅「太宰府駅」に移動。

太宰府天満宮 電車

私は福岡「天神駅」から電車で向かうことに! なんだかんだ25分くらいで着いたのかな。

そのほか福岡空港、博多駅など主要な場所から向かう場合にはバスもあり、かかる時間は30分~50分程度。

太宰府駅

太宰府駅に着くと、すぐに目の前に参道が見えてきます。

太宰府天満宮 参道 おすすめ参拝コース

さっそく進んで行くのですが! 道の両側に土産屋や食べ物やなど、お店がたくさんあって惹かれますね~!

ここで私の目に飛び込んできたのは…!

梅が枝餅 太宰府天満宮 参道

太宰府名物「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」

「名物なら食べるっきゃない! 」

梅が枝餅 太宰府天満宮 参道

「おばちゃん! 1つください!」

専用の焼き器に餅を入れて、ジワッと焼き目をつけてくれます。ふんわりあったかい香りがしてきました!

梅が枝餅 太宰府天満宮 参道

「食べ歩きにぴったり!」

焼きたての梅が枝餅(うめがえもち)を片手に参道を進みます。中のあんこが甘くて美味しい! ちょっとお茶が呑みたくなってきたところに、こんなお店が!

奇抜なスタバ

奇抜なスタバ! 巨大版割りばしみたいな木材の飛び出かた、3D映画かよ。

景観を損ねないデザインになっているのでしょうか。

太宰府天満宮 おすすめ散策コース

色々なお店を楽しみ散策しているうちに、いよいよ今回のコースのスタート地点近くに到着。

太宰府天満宮 参拝 観光コース

さて今回、私がおすすめしたい参拝コースマップがこちら!

太宰府天満宮に行くなら天開稲荷社を参拝するコースがおすすめですスクリーンショット利用:ご参拝のご案内-境内マップ | 太宰府天満宮

御本殿からスタートして裏山をぐるりと回ります。途中、天開稲荷社に立ち寄って参道近くに戻ってくるコースです。

太宰府天満宮 君の膵臓をたべたいロケ地 太鼓橋

まずは御本殿を目指し、太鼓橋を渡っていきます。ここも「君の膵臓をたべたい」に映っていた場所ですね!

太宰府天満宮 参拝コース おすすめ

三つ連なる橋は「過去・現在・未来」を表しているんですって。なんだかキミスイのストーリーに関連しているような気がしてきます。

太宰府天満宮 君の膵臓をたべたい ロケ地

橋を渡ると見えてくるのが楼門(ろうもん)

迫力のある楼門 太宰府天満宮

大きくて迫力がありますね~!

太宰府天満宮 御本殿 君の膵臓をたべたい ロケ地

その楼門を超えると見えてきたのが御本殿です。あれっ! ここも映画のロケ地になっていましたよね!

君の膵臓を食べたい感想 太宰府天満宮もロケ地になっている引用元:映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

そう! このシーン! 二人が願掛けをしているのは太宰府天満宮の御本殿だったんですね。

映画を見ていたら知っている場所が移ったので思わず「おっ!このロケ地行ったことある!!!」と進研ゼミを経験した生徒ばりに反応しちゃいました!!

参照:【映画感想】『君の膵臓をたべたい』恋とも友情とも言えない二人の青春物語に自然と涙が溢れ出る

君の膵臓をたべたい おみくじ 撮影場所 ロケ地

参拝を終えた後は、おみくじも引いてみたりして!

普通ならここで帰ってしまうところですが、今回は天開稲荷社まで回るコースなのでまだまだ進みますよ!

御本殿から天開稲荷社へ

太宰府天満宮 おすすめ観光コース

御本殿から向かって左手に抜けると奥に続く道があるので、そちらへ進んでみることに。

「実は、散策をしているときにたまたま見つけたコースなんですよ!」

太宰府天満宮 御本殿から天開稲荷社へ歩くコース

このぶら下がっているヒョウタンたちにはどんな意味があるのでしょうか。気になります!

ゆったりと散策しているとお茶屋さんを発見! ここが裏山の入口あたりなので目印になりますね。そこで休憩がてら「かき氷」を頼んでみました。

途中にあったお茶屋さんでかき氷

で、出てきたのがこれ! 150円でこのボリュームですよ!

「うんまいッ!! 暑い夏にぴったりだしお得すぎる!」

冷たくて甘いかき氷で体力を回復したところで、天開稲荷社を目指して山を登っていきます。

太宰府天満宮 御本殿から天開稲荷社へ歩くコース

真っ赤な鳥居が連なる景色にすこし緊張。自然の緑と人工的な赤のコントラストが怖いくらいに綺麗です。

「息をするのを忘れてしまいそう…」

太宰府天満宮 御本殿から天開稲荷社へ歩くコース

しばらく続く山道を歩くと最後にきつめの階段が待ち構えていました。

すでにじんわりと汗をかいていますが、もうひと踏ん張り。

太宰府天満宮 御本殿から天開稲荷社へ歩くコース

山の上に現れた「天開稲荷社」

太宰府天満宮の雰囲気とは大きく異なり、ひっそりとしています。

お狐様

お狐様の横を抜け中へ入ると…

天開稲荷社

祭られているのは京都の伏見稲荷大社から勧請された「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」で、九州最古のお稲荷さんなんですってよ。

そして、名の通り「天への道が開け、運気がぐんぐん上昇する神様」として有名。これは沢山参拝するしかない!

太宰府天満宮 天開稲荷社の石室

近くには祠のような、奥の院(石室)がありました。緊張しながらも入ってお参り。

中はひんやりとしていて、「君の名は。」に出てきた祠のように感じました。神秘的な雰囲気に飲まれてしまいます。

山道からは「だざいふ遊園地」が見えます

お参りを終えた後は、山道をそのまままっすぐ進んでゆきます。

参道や御本殿は、参拝者がたくさんいて、すこし騒がしい雰囲気。でもこのコースを歩けば、ゆったりとした空気の中で自然を感じることができてとっても気持ちがいいです。

「紅葉の季節はさらに見ごたえがあるんですって!」

山道からは「だざいふ遊園地」が見えます

山道を歩いていると、横に見えたのは「だざいふ遊園地」

こんなところに遊園地があったんですね。びっくり!

遊園地の横を抜けると、最初に渡った池の近くに出るのでここで参拝コースは終わりです。

そこから「だざいふ遊園地」に行ってアトラクションを楽しんでも良し! 参道に戻ってお土産を探したり、また食べ歩きしながら休憩するもよし!

全体で約1時間のコースとありますが、歩くのが早い私の場合は(参道巡りも含めて)45分くらいで回り終えることができました!

個人的によかったコースのポイントまとめ

ラムネ

御本殿を抜けると、人の数が減るので静かにゆっくりと回ることができるのが大きなポイントです。

一人でゆっくりと自然の中を歩いていると神秘的な雰囲気がぐっと増します。

特にパワースポット巡りに興味があるなら、天開稲荷社の石室までは行ってみる価値がアリです。

映画「君の膵臓をたべたい」のロケ地巡りで行く場合、御本殿や橋だけ見て回るのもよいですが…

時間に余裕があるなら、ぜひ自然を感じながら全体を巡ってほしいですね。

「せっかくだから自然を満喫できるコースでパワーをもらってみては!?」

以上、福岡『太宰府天満宮』おすすめ観光コース!自然を感じながら天開稲荷社まで登ってきたゾ!でした。

おしゃキミが実際に行った場所

【三浦半島】みさきまぐろきっぷのコスパが最強な件!マグロもレジャーも超お得!
沖縄の最新の観光スポット『ガンガラーの谷』のツアーが超神秘的でおすすめだゾ!
鋸山ロープウェイに乗って絶景を堪能!フェリーを使った日帰り旅行がおすすめ!【千葉】